<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

丹倉神社の例祭と熊野の秋のようす。

17日は、毎年参列する、赤倉の丹倉神社のお祭りでした。
神奈川とドイツから友達が来ていたので、一緒に参加。
この神社で結婚式を挙げた森さんたちのチームが、今年も獅子舞を披露してくださいました。
素晴らしい時間・空間でした。

祝詞は、赤倉水産社長の中平さん。
神事進行は、丹倉出身の小林さん。   
赤倉・丹倉ゆかりのかたが集まり、
素朴なお祭りが今年も。  
祈り踊って、宴、そして餅ほり。
  
シンプルだけど、お祭りの本質があるような、こういう小さなお祭りが好きです。

  

お祭りの前に、友達を連れて大丹倉へ。雲海が出ていました。
  

熊野の紅葉パッチワークまっさかさりです。
   
高所がこわい友人Kと、その友人のドイツのSさん。


そのちょっと前は、12月1日に熊野で初開催されるトレイルランニング大会の練習で、紀和町の山へ入っていました。
  
トレラン達人のYくんは風のように疾走してたため、ブレブレ(笑 うしろからMっさんも颯爽とついていく。

私は「山を走る」こと初体験。
きもちよかったです。
不思議とまったく息が切れない。
重力と、山のふわふわに身を任せるかんじ?うまくできないけど、ときどき気持ちよかった。もちろん翌日全身筋肉痛ですが・・・。(^^ゞ
山を走ること、これからときどきやってみよう。
  

そのコース途中からの景色。瀞峡へつづく蛇行した北山川の、絶景でした。
左側が嶋津・小口。真ん中は木津呂。
  

その翌日に通った赤倉の近くの、尾川川の紅葉。
  
熊野、緑のなかにパッチワーク状に色づいています。
これから冬ですが、熊野の冬、ハゲ山はありません。
緑に覆われていますよ☆
  
   
Hej hej    
  
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
丹倉神社例祭、今年は11月17日(日)11時〜です!

上の写真は、昨年の様子。
いつもお世話になっている丹倉神社の例祭は、
赤倉の中平さんと、丹倉の小林さんが
中心になって、今も毎年開催されています。
神奈川の新興住宅地で生まれ育った私には
氏神様という存在はないのですが、
ここ、丹倉神社は、いまやそのような存在です。

今年は、11月17日(日)11時〜 。 
毎年10時〜だったのが、1時間遅いので
お間違えなくー
   
大まかなスケジュールはこんなかんじ。

11時〜         祝詞
11時30分くらい〜  獅子舞奉納
12時くらい〜      直会(宴会
13時前後〜?     餅ほり、終了


赤倉が大好きになって、先日、丹倉神社で結婚式を挙げた、
四日市出身の森さんたちによる、獅子舞奉納が、今年もあります!
丹倉神社の荘厳な雰囲気のなか、横笛が響いての獅子舞、
素晴らしかったです。
小さな小さな集落ですが、この日は、赤倉と丹倉に縁のあるかたたちが
集まり、とても素敵なお祭りです。

昨年の様子を、youtubeにUPしているので、ぜひご覧ください☆
 2012年 丹倉神社 獅子舞奉納 動画
 
餅ほりは・・・こんなかんじ!楽しいですよー
 2010年 丹倉神社 もちほり 動画


どなたでもwelcomeな祭りなので、
お時間ある方はぜひ行ってみてください。
この日は、たぶん各地で祭りですから、
祭りの梯子をされるかたも多いのではないでしょうか。
★熊野のお祭りスケジュールは、くまどこでチェック!★
   
また、大変申し訳ありませんが、
私にとっての氏神様ですので、11月17日は、お店を13時オープンとさせていただきます。
何卒ご了承ください<(_ _)>
  

   
   
  
Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/





 
[童集乃村] 奥熊野の原郷・赤倉で田舎暮らししたいご家族募集中です!!!(住居・仕事アリ)


ちょっと前からときどきブログに書いてましたが、赤倉は童集乃村で、現在、田舎暮らししたいかた募集中です。この地でアマゴの養殖業を営む、有限会社赤倉水産の社長・中平孝之さんが、養殖業と、同じく運営する山里民泊あかくら の民宿業をお手伝いいただける方を募集しておられます。
詳しくは、募集ページをご覧ください!  中平社長のブログもぜひご覧ください。「あかくら日記
     
※前に紹介させていただいた、昨年12月から移住してくださっていた宮内さん夫婦は、先月、奥さまの体調不良で実家のほうへ帰られました。残念ではありますが、お2人の今後のご健康をお祈りしつつ・・・最後の最後まで仕事を手伝ってくださり、英語のホームページなどをつくってくださったヒロさんに感謝。どうかお元気で!
   
提供される住居はこんなかんじ。
            
古民家です。
     
でも、ちょっと前まで住んでいたので、中は綺麗です。
    
畳3間と、板間兼台所。
    

台所もきれい。水は、山からの綺麗な水をひいてます。カルキの入っていない、おいしい水が常に流れてきます。窓も多いけど、どの窓からも、山や緑が見えます。
   
古い家なので、それなりに隙間があります。冬は寒いかもしれないけど、薪ストーブをつけたら快適に過ごせます。(住居に薪ストーブは付いていません)

田舎暮らしといえば、薪!
        

家の前には、ひろーい段々畑。
   

かつては本宮と熊野をつなぐ、裏本宮街道がとおっていた村。アスファルトの県道ができても、石垣で固められた古の道が、たくさん残っています。
   

近くの大丹倉は、修験の聖地。 熊野信仰の原点である巨岩などを崇拝する自然信仰の聖地です。
   

そして、丹倉神社。こちらも、社殿もなにもない、岩そのものを大切に想って祀られた、自然信仰の在り様が今に残る神社。近年、雑誌やメディアに注目され、遠方からも参拝の方がお見えになります。
     
移住について、仕事について、
詳しくは、募集ページをご覧ください!
   
   
      
   
  

  
   
  
木花堂オンラインショップ
           赤倉野生茶
   

   



   

    Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


[童集乃村] 表丹倉トレッキングのガイドへ・・・ 苔が綺麗でした。

苔が活き活きしている季節です。6日は、赤倉の山里民泊あかくらのお手伝いで、表丹倉トレッキングのガイドでした。この苔カーペットは、大丹倉へ向かう途中のもの。熊野エリアは、苔の種類がとても多い土地です。500種類以上もあって、それは日本でも有数の苔の宝庫なのだそう。
          
表丹倉へのゆるい登り道。
   
この日のお客様は尾鷲〜紀宝町まで、地元の法人会のご一行さま。地元のかただけど、みなさん赤倉は初めて。
 


    

   






    
そう。このへんに住んでいる人にとっても、赤倉はまるで秘境。
   
新鮮な驚きをもって楽しんでいただけてヨカッタ。
    
表丹倉の頂上に到着!
絶景に笑顔。
    
大丹倉の頂。
   

    
歩いたあとは、山里民泊あかくらで、アマゴの炭火焼をお召し上がりに。
   
わたしもまかないで久しぶりにいただいたけど、やっぱ美味しい!!
ぷりっぷりの、ふわっふわの、周りはさくっさくの、ほんのりシャケっぽい味。(アマゴはシャケ科)
   

    
そんな、山里民泊あかくらでは、現在、田舎暮らしをしたいご夫婦またはご家族で、民泊や養殖場をお手伝いいただける方を募集しています。提供される住居は、こんな素敵なバルコニー付。

   
詳しくは、次の記事をどうぞ。
   
    
    
奥熊野グリーン・ツーリズムを提供する
kumateng(クマテング)!
   
 人・自然・道・聖地がつながる奥熊野へ
 ココロと体を癒しに、蘇りに出かけませんか。
  
   
    
   
   

    Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


    
   
    
  
[童集乃村(赤倉)] サインボードが設置されています。ガンガラ滝、山の神、庚申様etc


昨日の、ガンガラ滝です。緑にピンクのサツキが綺麗でした。
昨日は、以前に設置した赤倉は童集乃村周辺の、サインボードの確認と写真撮影に歩きまわってきました。
  

ここの元あったサインボードは腐って壊れているので新たに設置してあります。昔はここをまっすぐ行って少しのところに吊り橋があり、今は石積みだけ。なので、川をわたる。
   

    

     

赤倉周辺の、林道などに赤いサインボードを見つけたら、ちょっと立ち止まって見てみてください♪ ガンガラ滝や表丹倉トレッキングなどのように時間がかかるところだけじゃなく、林道からほんの数分入ったところにある、巨岩や山の神、庚申様、そして丹倉神社の大切な場所・潮掛場などの案内もありますよ!
  
 
帰り際には赤倉の水田跡に自生しているクレソンをおすそわけいただきました〜♪
ワラビも採らせていただいたし。豊かだなぁ。ただいまあく抜き中。今夜はワラビご飯にします。  
    
   
  
   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



[童集乃村] 赤倉のCM映像が、「すごいやんか三重の田舎CMコンテスト2012」最優秀賞に!


山里民泊あかくら(赤倉水産)さんが、応募していた、「すごいやんか三重の田舎CMコンテスト2012」というのがありまして、なんとなんと、最優秀賞=トップ!!をいただいたそうです。県内の方はこのニュースをすでにご存知かもしれませんが、山里民泊あかくらのホームページで見られるようになったので、県外のかたもぜひご覧ください(^o^)丿
   
先日の、津で行われた表彰式の様子は、社長さんのブログ「あかくら日記」の記事「やったぜ」で、どうぞ〜。

←表彰式の帰りに、木花堂に立ち寄って嬉しそうに表彰状を見せてくれた、中平社長♪
   
映像の作者は、私もとってもお世話になっているTさん。さすがです〜!(^^)!

     
童集乃村産・生姜パウダー については
木花堂の特設ページ
   

その取り組みについては、
童集乃村活性化協議会のページ
  
をご覧ください。
  
   
   




赤倉に来てから15kg痩せた!裕さんのブログ 『聖地・赤倉の暮らし
   
奥様のともさんのブログ 『女子力upブログ in kumano』   
     
   
   
   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

童集乃村サインボードづくり


6日と7日は、赤倉にこもって、山に囲まれたこの空の下が仕事場。赤倉水産前の桜の木々は春に向けて準備中のご様子!
        
●童集乃村サインボードづくり
 
ガンガラ滝へ行く途中の、ロープを登るところ、けっこう見逃してそのまま川伝いに進んでしまう方、多いんですよね。。。こんなふうに、 大好きな赤倉一帯の統一サインボードづくりの依頼をいただき、制作中です。赤倉水産のスタッフ・植野めぐみちゃんがつくるイラストマップとも整合するように、相談しながら、どこにどんなサインを置くか検討中です。来週、いよいよ仕上げにかかります。
   
  童集乃村については・・・山里民泊あかくらのホームページ
          
●かんぴんたん+ふきのとう+原木椎茸
 
お昼はおにぎりを持って行ってたんだけど、赤倉水産の中平社長に、自家製のかんぴんたん(サンマをからっからに干した干物で、熊野の言葉です。)をごちそうになりました。絶妙な塩加減。3匹もいただいておなかいっぱい。頭をとったら、あとはガブリ!!!とかぶりついて、ぜーんぶ食べてしまいます。日本食マナーの講師もビックリ>゜))))彡な、熊野のかんぴんたんの正式ないただき方でしょう♪
    
そして、周辺で芽を出し始めたふきのとうを採らせていただき、さらにお土産に原木椎茸までー☆ あぁ。、、幸。山菜は、タイミングを逃すと、もう遅しですからね。
   

綺麗に洗って、あく抜きして・・・
   
 
大好きな、ふきのとう味噌に!!後味のほろ苦さがたまらない♪
採れたての原木椎茸は、焼きレンコン&焼き椎茸のマリネにしました。マリネ液にはオリーブオイル、鷹の爪のほかに、お店でも販売している串本の塩、そしてみふね酢の玄米黒酢を使用。
  
ちなみに、みふね酢さんの玄米黒酢、近々お店にも並ぶ予定です!♪ このお酢はほんとうにやさしい味なんです。
    
   
そんなわけで、冬にも慣れた体が、うれしいです。
      
    
    童集乃村産・生姜パウダー については
木花堂の特設ページ
   

その取り組みについては、
童集乃村活性化協議会のページ
  
をご覧ください。
  
   
       
    


-------------------------------------------------------------------------------------   
 ※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。

   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・

   
     
 
  

[童集乃村] 童集乃村サインボードづくりDAY4 & カラダが変わる、田舎暮らし


今日は、童集乃村(赤倉)サインボードづくり DAY4 !ということで、赤倉で作業しに行ってました。残るは、大きな案内MAP看板。来週に持ち越しです。
    
童集乃村については・・・山里民泊あかくらのホームページ
   
中平社長は午後、会議のため町へ降りていき、「お昼にこれを食べなよ」と、自家製のサンマ丸干しを竹竿でひょいっと軒下から取り上げ、おすそわけしてくださった。ワーイ♪ なのでお昼は、イラストマップづくりをしているスタッフMちゃんのいる民泊のほうへ・・・
   

この、赤倉水産から民泊への裏アプローチ、好きなんです。県道ができるずっと昔から在る、村の道ですね。
        
 
サンマを焼きーの、                    カレーをストーブで温めーの、
    
ほのぼの、だけどシュールなランチのあと(笑)
   
午後も作業に励みました。
   
12月に移住してきた宮内さんと、ちょこちょこ会話しつつ。
冬の赤倉は寒い。すごい環境の変化のなか、慣れない作業を1つ1つ、1歩1歩、日々1日1日を全身で感じ、体得しながら暮らしている2人。春が近づくにつれ体も赤倉暮らしに馴染んでいくだろうし、熊野で感じる春の喜びは、すごく大きいものになるんじゃないかなぁ。
  
私は田舎地方に暮らしているといえ、近くにスーパーもある海沿いの国道近くに住んでいるので、モノホンの田舎暮らしは、まだまだ憧れの生活。
  
だから、東京からやってきた2人の環境の変化、仕事の変化、想像するとすごいって思います。使う身体能力・筋肉ともにこの2か月、カラダはこの変化に、必死に向き合ってるんだろうな。でも、カラダは変わる、何歳になっても・・・。たった数か月だけど、農作業に従事していたことがあったりetc・・・の体験から、それは知ってる。でも、時々忘れてしまいます。
   
「忙しい」なんて理由にならない。(&、「忙しい」なんてのは幻ですよね。人それぞれの尺度・気持ちの持ちようで。) いつだって、どんな状況・環境だって、カラダの声に耳を済ますことを忘れずに暮らしていこうっと!     
   
そんなことを思った、赤倉での1日でした。   
   
    
  
赤倉に来てから15kg痩せた!裕さんのブログ 『聖地・赤倉の暮らし
   
奥様のともさんのブログ 『女子力upブログ in kumano』   

    

童集乃村産・生姜パウダー については
木花堂の特設ページ
   

その取り組みについては、
童集乃村活性化協議会のページ
  
をご覧ください。
  
   
       
    


-------------------------------------------------------------------------------------   
 ※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。

   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
   
   

夜、赤倉への道中で。


昨日は、お店をCLOSEしてから、赤倉へ向かいました。山中の細い夜道ですが、慣れたもの・・・ときおり道に飛び出してくる鹿や小動物には要注意ですが、途中、海方面を見晴らす場所では、満月が町を照らしてとてもきれい。そして昨日は、もう1つ。山側の壁で、車のライトに照らされて光っていたのが、ツララのシャンデリア。
   

場所によっては、写真に映りきらない広範囲にシャンデリアが広がっていて、すごくきれいでした。気温0度のなか、何度も降りて写真を撮ってましたよー
    
           
そんな寄り道をしながら赤倉へ着いて、NPO時代からお世話になっている武田経営研究所の武田秀一先生が、学生さんたちと一緒に赤倉に滞在し、コミュニティビジネスの企画立案をしているところにお邪魔。
  
昨日は特別寒くて、ストーブの効きもいつもより悪く、猪鍋で暖まったあとは、赤倉[童集乃村]オーガニック生姜パウダーで、ジンジャーハニーティをいただきました。体が芯からあったまる!と好評♪
  
            
  







赤倉滞在2度目の方もいて、「お風呂はあとでタイミングいい時に自分で薪で沸かします」と、慣れたもの(笑)。今回のテーマは「冬の赤倉に、どう人を呼ぶか」ということらしいので、特別寒い日で辛かったものの、その寒さも企画立案に役に立ったかもしれません(^^ゞ おつかれさまでした!
     
    
     
童集乃村産・生姜パウダー については
木花堂の特設ページ
   

その取り組みについては、
童集乃村活性化協議会のページ
  
をご覧ください。
  
   
   
  
-------------------------------------------------------------------------------------   
※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。
   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・



【赤倉のコト】 赤倉の生姜プロジェクトより、無農薬のジンジャーパウダー

年末に、赤倉へ。(赤倉についてはカテゴリ:「赤倉のコト」 )
   
かねてから赤倉水産×山里民泊あかくらで募集していた移住者スタッフさん、決定し、昨年内に赤倉に引っ越してこられたので、ごあいさつ。熊本県出身のご夫婦で、東京で長年、出版社で仕事していたそうです。赤倉の冬は寒いので、引っ越し間もない2人には大変だろうし、旦那さんは赤倉水産の冷たい養殖プールに入っての仕事もキツイと思いますが、その分、春の到来・自然の中で生きる喜びを感じることができそう。。。いずれキチンと取材に伺いたいと思います! 
      
民泊前にある灰窯では、煙が上がってました。
        

そして、コレコレ。訪れたときに受け取ってきた、赤倉の、農薬・化学肥料不使用の生姜パウダー!
 (加工の様子は、あかくら水産のブログをどうぞ。)
鹿やイノシシの食害に悩まされる限界集落で放置される休耕田の打開策として、獣害の少ない「生姜」を生産し、特産品化を目指す、赤倉生姜プロジェクト。(公式HPはこちら。)
  
生姜は9割が水分なため、1kgの生姜はこのジップロック1袋/100gになります。
収穫したものを手作業で水洗い&カットするので、大量生産の工場とは違い、大変手間がかかります。だから値段のつけ方も悩むところ。。。(今年は試験販売なので、ほぼ原価のモニター価格で販売予定) でも、「土地のチカラ」がこもった味、顔が見える、土地が見える製品であることに付加価値をつけられるような商品になったらいいなぁ。
   
童集乃村産・生姜パウダー については
木花堂の特設ページ
   

その取り組みについては、
童集乃村活性化協議会のページ
  
をご覧ください。
  
   
   
   
   
あかくら日記(赤倉水産/山里民泊あかくらの社長さんのブログ)
赤倉日和(山里民泊あかくらのスタッフのブログ)
       
   
   
   
  
O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/