<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[紀和町のコト] 山、霧、雨、水、稲穂・・ 丸山千枚田の稲刈りへ。


9月9日(日)、丸山千枚田 稲刈りの集いが開催されました。去年は、台風12号直後で、この丸山地区も含めたくさんの地区が水害で被災し、ライフラインが遮断され、イベントはもちろん中止。だいぶ遅れて、千枚田保存会と紀和町ふるさと公社のみなさん&ボランティアさんで収穫してくださいました。今年は無事開催!
   
わたしは前日まで4日ほど実家の神奈川に帰っていたんです。街中を数日うろうろし、夜に高速飛ばして、翌朝ここへ。山からむくむく湧きあがる水蒸気の雲と、おいしーい空気、鮮やかな稲穂の黄色、熊野の空間全部に包まれて、肺の中を一掃された気分!
         
棚田を眼下に、語り合う男たち 笑↓

わたしたちは、赤倉水産のオーナー田んぼで参加。田んぼに、思いっきり「水産」が面白い。(赤倉水産は、山里民泊あかくら を運営しています。1日1組限定のアマゴ料理が最高の、天空の宿!)

        

   

    

刈り取った稲の下には、花が咲いていた。 静かに平和に暮らしていたカエルやイナゴが、「なんだなんだ、何事だぁ」とうろたえて逃げ回る。
       

田植えや稲刈りの大きなトラクターが入れない、棚田。それでもその価値は、文化財として、観光地としての価値だけじゃないと、私は思うんです。棚田は、天然のダムのようなもの。その保水力、そして様々な養分を上から下に流し、独自の生態系をつくりだす。さらにそこでお米をつくることができる。まさに人の暮らしと自然の共存・・・。
      
その一枚一枚の棚田は、高度な石積技術と長い時間をかけて築かれてきた。耕作しなくなったら、草の根や動物によって、それらはすぐに崩れてしまう。一旦崩れてしまったら、容易にはもとにもどせない。
   
大きなトラクターが入れない、人の手で昔ながらの方法で稲作をしなければいけない棚田。それって、悪いことかなぁ?デメリットかなぁ?そうともいえないと思います。それをデメリットとしない方法と考え方があるのではないかなぁと。
         
で、いつか、この千枚田が、観光のためだけじゃなく、人々の暮らしに必要とされるときがまたくるかもしれない、そんなふうに思うのです。
        


   
    
   
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/

【紀和町のコト】 虫送り、今年もきれいでした


先週14日は、紀和町の丸山千枚田で、虫送り行事が開催されました。ちょっと遅れて駆け付けたので、もう行列は始まってしまっており、こんな青い夕暮れのなか、灯された明かりを縫うようにして、たいまつをかかげた行列が進んでいくのを、眺めていました。

●豊作を願って   
虫送り行事は、たいまつを持って田んぼの畔道を練り歩く、豊作を願う行事。そのたいまつ煙で、虫を追い払いながら、「虫送り殿のお通りだい」と掛け声をかける。丸山千枚田では1953年を最後に途絶えていたのを、紀和町ふるさと公社や、千枚田保存会などが協力して復活させたもの。
      

    
写真がお粗末です^_^;
くまどこさんのBlogで、ワンダホーな写真が載っているのでぜひこちらを!! くまどこ Blog

行列のあとは、この風景を眺めながら、ワイワイ飲み食いをして、最後に熊野の観光大使・夢輝のあさんのコンサートの続きをやって、みんなで「見上げてごらん 夜の星を」を合唱〜
   
赤倉水産のオーナー田んぼのメンバーとして、一緒に田植えした田んぼの稲は、すくすく育っていました。ワイワイ飲み食いをしているときに、千枚田保存会の会長さんや、副会長さんともお話ししました。進む高齢化のなか、千枚田を守るという重責を担うみなさんも、こういうイベントでたくさんの人が千枚田に集って楽しそうにしているのを見るのが、嬉しそう。。そんな表情に見えました。
   
なかなか作業をお手伝いにいくこともままならないけれど、この夏中に一度くらいは、草刈くらいは、しにいきたいなァ。
   

こちらは、その3日後の17日の千枚田。まだ稲が小さいので、畔がくっきり見える!今の時期もおすすめです。
    
   
   
  O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  
http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/
  


【紀和町のコト】 今日は丸山千枚田 田植えの集いへ。

どろんこの足。おとなもこどもも、田植えの集いは、みんなほんとに楽しそうです。田んぼ、気持ちいいから。
   

   

   

   

   

今年は、赤倉水産の田んぼのメンバーにさせていただきました!KUMANO JOURNALに登場している人たちだとか、これからグリーン・ツーリズム協議会をやっていくメンバーだとか、そういうつながりで、参加させていただき田植えしました。
  
今年もこうして田植えできてうれしいです。いつも田んぼを維持してくださっている、千枚田保存会のみなさん、こうやって全国からオーナーを集めてくださる紀和町ふるさと公社さん、おつかれさまです&ありがとうございます!!!
  
書こうかどうか迷ったのですが、書いちゃおう。
気になったことが1つ。集合場所へ向かう途中の国道311号線。千枚田へ向かう人が多いせいか、車が多いのは当然なのですが、無理な追い越しや、あおりをかけてくる車が、行きも帰りも、今日はすごく多かったです。すごい勢いで、追い抜きには危険な場所で抜かしていったかと思えば、突然車を停めて、国道沿いのお地蔵さんの写真を撮り始めたり。(狭い山の中の国道で、堂々たるはみだし路上駐車。) いわゆるアマチュアカメラマンさんですね。
  
千枚田では、田んぼ作業をしている方の写真を断りなしに撮影しまくるアマチュアカメラマンさんたちのモラルが、ちょっとした問題になっているのは前からのことですが、、、今日のようなイベントで人が集まるのはうれしいことですが、なにぶんのどかな田舎なので、遠くからお越しになる忙しいカメラマンさんたち、もうすこしゆったりした気分で、こちらの土地では行動していただきたいな〜と思いました^_^;
    
   
   
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/
       
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] 畔塗り2年目・・・♪


 紀和町の丸山千枚田で、紀和町ふるさと公社&丸山千枚田保存会主催による毎年恒例の「畔塗り体験」があったので、参加してきました。「畔塗り」というのは、水を入れる前に行う「畔そり」(2月の畔そり体験の様子はこちら。)作業に続いて、田んぼの淵の畔を、田植え前に補強する作業です。畔に生えた雑草の根や、モグラによって強度が弱った畔を、更新して、田んぼを保持していくのに欠かせない作業ですが、さいきんは、コンクリートやトタンで囲っているところが多いので、この作業自体が珍しくなっています。
    
★丸山千枚田保存会の奥会長★
  〜直伝・畔塗り法〜(去年のブログから。動画もアリ♪)




 今年は、赤倉水産/山里民泊あかくら のオーナーメンバーになっているので、その枠で参加しました。赤倉水産の社長・中平さん、子どものころ嫌というほど手伝わされていた、この作業、さすがの身のこなし!東京からきたオーナーのかたの指導に当たり、「師匠!」と呼ばれていました(笑
(※赤倉では田舎暮らしをしたい夫婦募集中♪)
  

 わたしはというと、2年目ということで、体が覚えてくれていました。去年初めてのときは、鍬で泥を畔の斜面にのっけるのもうまくいかなくて、余計な力を使っていたけれど。今年は偉そうに、初めての人にアドバイスまでしてしまいました(^^ゞ 左官作業とか、ケーキ作りの仕上げの気分に似た快感があります。私は、この作業好きです。しかし・・・これは、本当にエライ(熊野弁で大変な)作業です。
   

 同じく赤倉水産の枠で参加した、石本果樹園ファミリー♪ どろんこになって楽しそうでした。田んぼに入ったのは初めてだったみたいで、「足が重い〜っっ」と叫びつつ、ふとみると丸山のおばあさんが、すいすい歩いていて、「すごい。。。」と、驚いていました(笑) リスペクト・棚田の人々。。。  
   

 畔そり・畔ぬり体験は、田植えや収穫にくらべると参加者は少ないながらも、多くの方が参加して、楽しく作業。私は午後の会議のため、御昼前に終了させていただきました。
   
 今日はオーナーの棚田のエリアを作業していましたが、1340枚もある丸山千枚田の畔塗りは、丸山千枚田保存会のみなさんによって、しばらく続けられるはずです。この景観を保ってくださっていて、本当に感謝感謝です。

 山菜とりに、田植えの準備に・・・季節を味覚で、肌で、体で感じています。 次回のイベントはいよいよ田植えです!楽しみです!お問い合わせは紀和町ふるさと公社までどうぞ。
  

・・・これまでの千枚田のことは、こちらをどうぞ。
     

【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] 畔そり2年目・・・!


 今日は朝から丸山千枚田で行われた、「畔そり体験」に行ってきました。丸山千枚田保存会と、紀和町ふるさと公社さんが協働で毎年開催している、イベントです。私にとっては、去年にに続いて2度目の「畔そり」。
  
 「畔そり」については、こちら、去年のイベント紹介の記事をどうぞ!
  
 去年の「畔そり体験」のイベント様子はこちらをどうぞ!
  
 この「畔そり」という作業はですね・・・
      

続きを読む >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] ふわふわの稲わらの上で

 9月4日に開催予定だった全国のオーナーによる「丸山千枚田稲刈りの集い」が中止となり、電気や水道が1週間以上寸断されるという大変な状況のなか、丸山千枚田保存会や、紀和町ふるさと公社の関係者のみなさんで、無事だったお米を収穫してくださいました。私は収穫作業には参加できなかったので、少しおくれて、収穫後の作業を体験させていただきに行ってきました。
 上の写真は・・・ふわふわの稲わらを積み上げた上に立っている足写真!稲わらを積み上げていく作業・・・実はかなーり!・・・
   



続きを読む >>
【紀和町のコト】 豊作を願って・・・虫送り殿のお通り@丸山千枚田


 今夜は丸山千枚田で虫送り行事があったので夕方車を走らせ参加してきました。棚田の中にある丸山神社に、全国から集まったオーナーと、地元の小学生が集まり、太鼓と鐘の音を響かせながら「虫おくり殿のおん通りよい〜」を掛け声をかけながら、行列を組みます。
   
 夕暮れのオレンジが紺色に変わりかけた空のもと、行列が進むごとに1340枚の棚田1つ1つに灯された小さな松明の灯りが眼下に・・・
     

続きを読む >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] はじめての田植え・泥の感触


 5月15日は毎年恒例の「丸山千枚田 田植えの集い」で全国からオーナーが集まってにぎわいました。取材やアマチュアカメラマンの人などを入れると1200人もの人手だったそうです。(くまどこのレポート)
 NPOで今年からオーナーになったため、晴れて立派な田んぼを一枚割り当てられ、NPOのメンバーや縁のある人たちとで、私も田植えしてきました。実は・・・
   

続きを読む >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] はじめての畔塗り


 紀和町の「丸山千枚田」で、紀和町ふるさと公社の主催する「畔塗り作業体験」に参加してきました。NPO法人熊野ふるさと倶楽部として、今年は千枚田オーナーに申し込んだので、晴れてオーナーの1人としての参加です。What's 畔塗り!? これについては前回の作業「畔そり」についてご覧頂いてから、続きをご覧ください〜♪
   

続きを読む >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] はじめての畔そり


 紀和町の「丸山千枚田」で、紀和町ふるさと公社の主催する「畔そり作業体験」に参加してきました。風伝トンネルを抜けると雪景色!千枚田も雪化粧。丸山千枚田保存会のみなさんが暖をとる焚火の煙があがっていました。
 

続きを読む >>