<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] はじめての畔塗り | main | [開店準備] 開店のタイミング >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] はじめての田植え・泥の感触


 5月15日は毎年恒例の「丸山千枚田 田植えの集い」で全国からオーナーが集まってにぎわいました。取材やアマチュアカメラマンの人などを入れると1200人もの人手だったそうです。(くまどこのレポート)
 NPOで今年からオーナーになったため、晴れて立派な田んぼを一枚割り当てられ、NPOのメンバーや縁のある人たちとで、私も田植えしてきました。実は・・・
   

私、実は田植え初体験!「意外〜」と言われましたが、なんだかんだ、機会がなかったんだよなぁ〜。最初は紀和町ふるさと公社が貸し出していた長靴をはいていたのですが、裸足で田植えしている人が気持ちよさそうだったので、途中で私も裸足に。泥の感触、めっちゃ気持ちよかったです!!
    
代かきで綺麗にマス目がひかれた、私たちの田んぼ。
    
おたまじゃくしがいっぱいいました。
    
おそらく1年で一番にぎわう日。
    
三重テレビ「ええじゃないか」の撮影で、女子大生と大盛り上がり。
   
 田植えしながら、収穫を思いました。

 熊野に移住して7年。今、基本的にお米は地元のものを産直市場などで購入しています。また、ありがたいことに時々個人のかたからいただくことも。ところが先日、お米がきれたため、久しぶりにスーパーでかつて買っていたお米を買いました。そして炊きました。食べて・・・びっくり。なんか正直、ちょっと残念な味だった・・・。ごめんなさい。でも、正直な感想です。味覚が変わったんだと思います。田舎に移住してよかったこと、たくさんあるうちの一つ・・・おいしいものが身近であることおいしいものが自然から自然にいただけること

    
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/181
TRACKBACK