<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2012年 幕開け ご挨拶 | main | 【熊野のムラ】 自称・日本一小さな観光協会、「嶋津観光協会」へ! >>
【紀和町のコト】 [丸山千枚田 農耕ログ] 畔そり2年目・・・!


 今日は朝から丸山千枚田で行われた、「畔そり体験」に行ってきました。丸山千枚田保存会と、紀和町ふるさと公社さんが協働で毎年開催している、イベントです。私にとっては、去年にに続いて2度目の「畔そり」。
  
 「畔そり」については、こちら、去年のイベント紹介の記事をどうぞ!
  
 去年の「畔そり体験」のイベント様子はこちらをどうぞ!
  
 この「畔そり」という作業はですね・・・
      

 けっこうコツがいるんですよ〜。1年前に1日やっただけだから、最初は忘れてしまって、保存会のお父ちゃんやお母ちゃんたちに指導を受けながら、徐々に感覚を思い出していきました。参加者のなかには若い男性グループや、名古屋からのご家族もいて、同じく保存会のお父ちゃんお母ちゃんたちにアドバイスを受けていました。
   
 クワは斜めに落とすべし!(クワの角でざくっと、楽に畔の側面に生えた雑草を剃る。)
  
 畔の側面の傾斜を緩くするべし!(このあとの畔塗り(←畔の補強)の際、泥が乗り易くするため。)
  
 そのためには、左腕で引くようにしてクワあやつるべし!(重力だけで落とすと、角度がきつくなる。)
   
 べし!べし!と、棚田のプロの助言を意識しながら、クワをふっていたら、段々と気持ちよくザクっといい角度に削れるようになってきて、爽快になってきたところで・・・・ 時間切れ(^^ゞ 私は10時30分までしかいられない用事があったので。でも、朝の丸山千枚田でちょっと働けた時間は、これまたいつものとおり気持ちよかったです。
  

オーナー家族のお子さんと、保存会のかたたちが休憩中の風景〜♪
  

 これは去年の、畔そり体験終了後の写真です。畔そりをすると、棚田の一枚一枚の輪郭がはっきりして、潔い美しさが目を見張ります。おそらく、今日はオーナー分の棚田の畔そりをしていますが、その他の棚田の(なにせ、1340枚ありますから。。。)畔そりが、しばらく続くはず。畔そりしたあとの、丸山千枚田も、オツですよ。ぜひ、見に行ってみてください!
  
 近年は、多くの田んぼがコンクリートで縁取られています。だから、「畔そり」の作業をしているところ自体が、少なくなっているそうです。丸山千枚田保存会のかたたちも、平均70歳代という状況です。10年後、20年後、大好きなこの風景を私たちの世代は残していけるのかな・・・?
 次回は、4月に「畔塗り」体験があるそうですよ。ぜひ、みなさん、チェックしてください♪
    
ちなみに、ほっこりランチ&コーヒーブレイクもできる千枚田荘は、この棚田の麓にあります★
   
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/234
TRACKBACK