<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 天平 紀伊半島秘境コンサート2012 虫の音、風の音、そして雨音とともに・・ | main | 奥熊野発フリーペーパー KUMANO JOURNAL 7th issue 2012 夏号を発行しました♪ >>
【紀和町のコト】 虫送り、今年もきれいでした


先週14日は、紀和町の丸山千枚田で、虫送り行事が開催されました。ちょっと遅れて駆け付けたので、もう行列は始まってしまっており、こんな青い夕暮れのなか、灯された明かりを縫うようにして、たいまつをかかげた行列が進んでいくのを、眺めていました。

●豊作を願って   
虫送り行事は、たいまつを持って田んぼの畔道を練り歩く、豊作を願う行事。そのたいまつ煙で、虫を追い払いながら、「虫送り殿のお通りだい」と掛け声をかける。丸山千枚田では1953年を最後に途絶えていたのを、紀和町ふるさと公社や、千枚田保存会などが協力して復活させたもの。
      

    
写真がお粗末です^_^;
くまどこさんのBlogで、ワンダホーな写真が載っているのでぜひこちらを!! くまどこ Blog

行列のあとは、この風景を眺めながら、ワイワイ飲み食いをして、最後に熊野の観光大使・夢輝のあさんのコンサートの続きをやって、みんなで「見上げてごらん 夜の星を」を合唱〜
   
赤倉水産のオーナー田んぼのメンバーとして、一緒に田植えした田んぼの稲は、すくすく育っていました。ワイワイ飲み食いをしているときに、千枚田保存会の会長さんや、副会長さんともお話ししました。進む高齢化のなか、千枚田を守るという重責を担うみなさんも、こういうイベントでたくさんの人が千枚田に集って楽しそうにしているのを見るのが、嬉しそう。。そんな表情に見えました。
   
なかなか作業をお手伝いにいくこともままならないけれど、この夏中に一度くらいは、草刈くらいは、しにいきたいなァ。
   

こちらは、その3日後の17日の千枚田。まだ稲が小さいので、畔がくっきり見える!今の時期もおすすめです。
    
   
   
  O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  
http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/
  


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/264
TRACKBACK