<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [山] 念願の!ガンガラ滝経由、妙見参道トレッキング。 | main | [食] 今年も、熊野の小さな海辺の集落・須野から甘夏が届きました。 >>
熊野の[梛]の葉・・・恋♪のお守りがとどきました。


この写真は、熊野速玉大社の梛の大木です。梛(ナギ)は熊野のご神木で、熊野各地の神社で、梛の木をみかけます。熊野巡礼者は、熊野詣の帰りに袖や笠につけて、魔よけやお守りにしました。また、熊野信仰を庶民に広めた熊野比丘尼たちも、この梛の葉に熊野の神様が宿っているとして、布教しながら配ったりして熊野信仰を広めたそうです。
   
葉っぱが特徴的で、葉脈がタテにのびており、横にしてひっぱっても、なかなか千切れないほど強いです。(縦にしてちぎったら、切れます)
   
その葉っぱの丈夫さから、「男女の縁が切れないように」と、女性が手持ちの鏡の裏に入れる習慣があったそうです。
  
また、梛の葉は、裏も表も同じようなので、夫婦で持っていると裏表のない夫婦でいられるとか、縁が切れないなどといわれ、かの源頼朝と北条政子も、1枚ずつ持ってお守りにしていたと言い伝えられています。
  


↑「熊野新道」さまの商品ページから写真借用させていただきました。ナギについて等、詳しくは、熊野新道のページ

そんな梛の葉を、大切に持ち歩けるようにと考えた、み熊野ネットのてつさんが、1枚1枚、日本の伝統作法「折形(おりがた)」の方式で包んだものが、こちら!


向井ふとん店さんの、市木もめんのお守り袋にピッタリー♪ 葉っぱが透けるように、トレーシングペーパーをつかって、「折形」の作法で包んであります。
  

この写真の右側のほうに揺れているのは、ナギの葉ピアスをモビールにしたもの。ナギの葉ピアス&ペンダントも、人気です。今回の、お守りは、さらに気軽に、熊野ならではの恋のお守りとして、ご夫婦やカップルで。また、ご縁が続くようにとお友達同士で、お持ちになってはいかがでしょうか。
   
トレーシングペーパーで包んだものは、 200yen
市木木綿のお守り袋 とのセット価格   700yen (お守り袋は単品購入の場合は550yen)
  
です。
  
ナギの葉のお守りについては、製作者のみくまのネットさんのページもご覧ください。
    


Hej hej         
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/357
TRACKBACK