<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [食] 今年も、熊野の小さな海辺の集落・須野から甘夏が届きました。 | main | KUMANO JOURNAL が『BEST GRAPHICS 03 FREE magazine』に掲載されました。 >>
[聖地・奥熊野] cultraツアー『誰も知らない熊野へ。聖地・熊野の表と裏をめぐる旅』のみなさんとの出逢い


そして24日(日)、14時にお店を閉めさせていただき、再び赤倉へ。(ご来店くださったかたには申し訳ございません(+_+)。 しかしこの日は、なんとなんとー!!博報堂プレゼンツ×JTBによる『cultra』 culture×travel というアートやカルチャーに生で触れるプレミアム旅シリーズの、第1段がこのゲストトラベラーとともに、熊野へ!というすごい企画に、現地の人(?)として同行させていただいたのですっ。内心、ドキドキでした(+v+) 
宗教人類学者・植島啓司さん × 写真家・石川直樹さんと一緒に、1日目に「表熊野」として熊野三山を巡ったあと、2日目に「裏熊野」である奥熊野は赤倉へ到着し、まずは丹倉神社を参詣するみなさまに合流しました。写真は赤倉水産の中平社長が、神社についてご案内しているところ。
   

     
そして大丹倉へ・・・・・・・・・

   

下からも大丹倉を展望。一番前右側で三脚を立てているのが、写真家の石川直樹さん。
   
夜は、熊野倶楽部での夕食会に参加させていただきました。
カメラマンの方が撮影した当日の写真をスライドで流して、笑いも出つつ、なごやかに。ゲストのかたが撮影した写真を、石川さんが講評するコーナーや、植島先生と、現地の人である中平さんとの対談コーナーなども。(写真左)
   
みなさんがお手にとってくださっているのは、KUMANO JOURNAL・・・>゜))))彡 石川さんも見てくださってる〜(感・動っ) ゲストのかたはマスコミ関係者の方が多く、そのほか医療従事者や大学の先生(なんと私の出身大学と同じで、お互いびっくりでした)、ワインバー経営者など、各方面の第一線で活躍されているかたばかり。
   
そんなみなさんに、KUMANO JOURNALをお手にとっていただけて、激励&応援、すごくうれしかったです。
実際に、今後の話などもいただいたり。
みなさん、ハートが暖かいかたばかり。こういう田舎とのつながりを大切にしたいとのことでした。 
  
      
←奥熊野についてみなさんへ語る、赤倉水産の中平社長の後姿。。。
   

翌日は、まないたさま へ。 これは急きょツアーに組み込まれたのですが、みなさんすっごく感動しておられました。BRUTUSのクルーもここでも一生懸命撮影してくださっていました。
このcultra熊野ツアーの様子は、BRUTUSの来月発売号に掲載されるそうで、めっちゃ楽しみですっ   
      

大型バスが入らない まないたさま の鎮座する池川へ行くために、中平さんの声掛けで、くまどこさんと、kumateng会長・石本果樹園さんも車を出してくれました。
  
みなさんとは、三重交通バス乗り場でお別れ。このご縁を無駄にせず一歩一歩さらに歩みを進めていきたいなぁ〜
   
←右上 植島啓司先生  
前列の右のお2人は赤坂のワインバーNIGOの店長さん&スタッフのかた。実家帰ったときとか行ってみたい!
  


マスコミ関係者のかたは、これまで和歌山県側の熊野は何度も行ったことがあるが、奥熊野は初めて、というかたばかり。今回のツアーは奥熊野にとって本当に大きな意味があったと思います。
      
今回のご縁をくださった植島先生と、もともとは植島先生とのご縁をいただいた三重県立図書館の平野さんに感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。
   
しかし、濃い3日間だったーあ。
  
木花堂には新商品も続々入ってきているのですが、紹介記事が追い付かず。でもでもお楽しみに〜
KUMANO JOURNALの最新号制作も今日から佳境に入りますっ
  
おしっ 花見に向けて適度にがんばろう。
    
    

植島啓司さんのコラム「愛・賭け・遊び」


石川直樹さんオフィシャルサイト
  
心を耕すプレミアム体験の旅「cultra」 第2弾の情報もあがっているようです。
    
集英社新書ビジュアル版 『世界遺産 神々の眠る「熊野」を歩く』(amazonにリンク)の(植島啓司著)  
   











    
木花堂オンラインショップ
  
ただいま旬。
  
お猿さんとにらめっこして育てられた、熊野須野さんのあまなつ

  
   
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

  




スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/360
TRACKBACK