<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [童集乃村] 表丹倉トレッキングのガイドへ・・・ 苔が綺麗でした。 | main | [kumateng] 奥熊野グリーン・ツーリズム kumateng サポーター募集! >>
[童集乃村] 奥熊野の原郷・赤倉で田舎暮らししたいご家族募集中です!!!(住居・仕事アリ)


ちょっと前からときどきブログに書いてましたが、赤倉は童集乃村で、現在、田舎暮らししたいかた募集中です。この地でアマゴの養殖業を営む、有限会社赤倉水産の社長・中平孝之さんが、養殖業と、同じく運営する山里民泊あかくら の民宿業をお手伝いいただける方を募集しておられます。
詳しくは、募集ページをご覧ください!  中平社長のブログもぜひご覧ください。「あかくら日記
     
※前に紹介させていただいた、昨年12月から移住してくださっていた宮内さん夫婦は、先月、奥さまの体調不良で実家のほうへ帰られました。残念ではありますが、お2人の今後のご健康をお祈りしつつ・・・最後の最後まで仕事を手伝ってくださり、英語のホームページなどをつくってくださったヒロさんに感謝。どうかお元気で!
   
提供される住居はこんなかんじ。
            
古民家です。
     
でも、ちょっと前まで住んでいたので、中は綺麗です。
    
畳3間と、板間兼台所。
    

台所もきれい。水は、山からの綺麗な水をひいてます。カルキの入っていない、おいしい水が常に流れてきます。窓も多いけど、どの窓からも、山や緑が見えます。
   
古い家なので、それなりに隙間があります。冬は寒いかもしれないけど、薪ストーブをつけたら快適に過ごせます。(住居に薪ストーブは付いていません)

田舎暮らしといえば、薪!
        

家の前には、ひろーい段々畑。
   

かつては本宮と熊野をつなぐ、裏本宮街道がとおっていた村。アスファルトの県道ができても、石垣で固められた古の道が、たくさん残っています。
   

近くの大丹倉は、修験の聖地。 熊野信仰の原点である巨岩などを崇拝する自然信仰の聖地です。
   

そして、丹倉神社。こちらも、社殿もなにもない、岩そのものを大切に想って祀られた、自然信仰の在り様が今に残る神社。近年、雑誌やメディアに注目され、遠方からも参拝の方がお見えになります。
     
移住について、仕事について、
詳しくは、募集ページをご覧ください!
   
   
      
   
  

  
   
  
木花堂オンラインショップ
           赤倉野生茶
   

   



   

    Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/397
TRACKBACK