<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 満月。おひつ・桶の仕入れへ。そして夕方海へ。 | main | 開店3年目にして、ショップカードができました。 >>
フランスからのキュートな母娘をご案内。ジブリ話で大盛り上がり(笑


今日は熊野倶楽部にお泊りの、フランスからの可愛い母娘ペアを通り峠〜丸山千枚田にご案内するガイドをしてきました。朝は雨でしたが歩き出したころには止み、連日の猛暑日から比べるとまだ歩きやすい気候でヨカッタヨカッタ。ちょっと霧がかかってミステリアスな熊野古道歩きでした。
上の写真は、丸山千枚田の中にある「丸山神社」の手水舎。湧水を囲った石垣、というとっても素朴な手水舎に、「すてき」とカメラを向けるお母さんです。
   
京都、大阪から高野山経由で熊野本宮を旅して、昨日熊野市入りしたそうで。私は1年以上ぶりの英語ガイドで完全に勉強をさぼっているので、拙い説明になってしまうことも多かったけど、彼女たちにとってはいろいろと謎も解けたみたいなのでヨカッタです。
たとえば、千枚田でちょうどカラスが数羽いたので、ヤタガラスのことを話したら・・・本宮でお土産を買おうとして「八咫烏」の説明を受けたときに、ひたすらサッカーのユニフォームを見せられて不思議だった。謎が解けた!とか(笑  じゃぁフランスのチームも、ヤタガラスのエンブレムにしないとねって言われちゃった。
   
それと、ティーンエイジャーの娘ちゃんに聞いてみた。やっぱり・・・ジブリ大好きだそう!フランスで大人気だとは聞いていたけれど。彼女が一番好きなのは「もののけ姫」で、もう100回以上は見たとか。そして、「熊野の森は、もののけ姫に出てくる森みたい。」って感動してくれて・・・なんか嬉しいなぁ。そして、ジブリすごいですね。
   

名刺と、ちょっとしたプチプレゼントを和紙でつくったポチ袋に。別れ際にわたして、ハグしてバイバイ。チャーミングな2人で、とても楽しかった。奥熊野の魅力、世界の人たちにも体験してもらえるように、改めて、勉強を怠らないようにせねば・・・っと思うのでした。
  
  
   
  田舎暮らししたい人の募集あります↓↓↓
山里民泊あかくら 田舎暮らししたい人募集


  
Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
    
   
   

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/418
TRACKBACK