<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 明日、10月27日のオープン時間のお知らせ | main | [入荷情報] 『熊野の香り Re:aroma 』 から 100%熊野産の杉とヒノキのアロマオイル! >>
[kumateng] 道普請&フィールドワーク in 須野 星のソムリエ解説つき でした。


きのうは、お店を12時オープンにさせていただき、
朝から、熊野市でも最もはじっこにある隠れ浦村「須野」へ行っていました。


稲荷神社のお祭りのようす(2012秋)
十二社神社&寄木神社のお祭りのようす(2013年1月)
  
奥熊野ガイドコミュニティkumatengのメンバーである
濱田直美さんのフィールド「須野」は、
熊野市の一番北の海岸に位置する小さな小さな浦村。
そして国道311号線からはその村の姿は見えないので、
このへんに暮らしていても、行ったことがないor知らないかたが多いと思います。
でも、国道311号線沿いにあるこの白い看板には気づき、
「なんだろう」と思ったことがある人は多いのではないでしょーか。
  
:::史跡 縦ヶ崎遠見番所跡:::
 紀州藩は、外国船を看視するため、領内の海岸に遠見番所15か所を設けましたが、その中の1つが「楯ヶ崎遠見番所跡」です。甫母と須野の境の山頂に築いたため展望のよい場所です。
 番所跡は東西30m、南北18mの広さがあり、南側の6段と、北側の広い場所は番人たちが畑を耕した跡と考えられます。番人は2人ずつで、月交代ですが、須野の浜田家は代々勤務し、幕末に及んでいます。このような史跡が残っているのは他に例がありません。
      指定 昭和44年7月17日 熊野市教育委員会

と、白い看板にかいてあるんです。
でも、この看板の周りはうっそうとしげった森と崖で、
「ここから登って行くらしいよ」と聞いたことはありましたが、
本当に今までは、入口さえ分からないくらい、茂っていて、
「????なんだここ????」ってかんじだったのです。
       
濱田さんは、この代々の番人の「浜田家」の濱田で、
この番所までの道をなんとか復活させたい、と前々からおっしゃっていました。
   
そこで、今回、教育委員会さんにも報告をしつつ、
濱田さん夫妻&息子さん&須野出身者2名
&kumatengメンバー2名が参加しての、
第1回の道普請・道の再発掘となったわけです☆
   
上の写真は、すでにお父さま方が、ある程度入口を刈ってくれていて、
立派な石階段を初めて目にし、上のほうへ作業を進めていきました。
   

登るとすぐにこういう水平道が。立派な石垣で固められています。
これはとなりの漁村「甫母」へ通じる生活道だったそう。
この左側のあたりから、「遠見番所」あとへの道が分かれます。
   

   

kumatengメンバーで、濱田家のおくさん・濱田直美さんと、
kumatengサポーターで梅農家の井上さん。
       

ここが番所跡へ続く分かれ道の続きなのですが・・・(苦笑
からまったツタの上の倒木を、勇ましくチェンソーで切る、濱田博文さん。
ここ、ツタでリースをつくったりする人には、宝庫です!わたしも少し持って帰ってきました☆
   
その上のほうの道を確認に登ってみると、不明瞭ですが、
あきらかに人が配置しただろう、足を置ける平行な石の階段が。
  
でも、番所跡までは道が不明瞭だったことと時間の関係で行きませんでした。
   
白い看板に書いてある、
「このような史跡が残っているのは他に例がありません。」
どんな景色がそこに広がっているのか・・・
道普請を何度か重ねてようやく見られるっていうのも、
なんだかおもしろい☆   
夏場はできない作業なのでこの秋冬で定期的にやっていこう、ということに!
ワクワク。

第1回 番所跡への道の掘り起こし・道普請メンバー☆  
   
わたしは一旦、お店に戻り・・・

帰りの311号線から望む、楯ヶ崎方面。
   
ほかのメンバー&午後から参加のメンバーは、
楯ヶ崎トレッキング+秘密の場所へ行ったそうです。
       
お店をクローズしたあとは、夜の部へ・・・
  

濱田さんが朝釣ったというワラサの刺身、カマ焼き、猪肉などでBBQ。
釣りたてワラサ・・・想像を超える美味しさでした。
気温は寒かったけど、そんななかでのBBQもいいですね!
   
そして、すぐ近くの小さな小さな廃校「須野小学校」のグランドに、ねっ転がって・・・

「星のソムリエ」という資格を持っている濱田直美さんの解説で、
「秋の星座」と、本日28日が極大日の「オリオン座流星群」の流れ星を
たくさん見ることができました!
解説つきで星座を見るその時間そのものがすてきでした。
濱田さんの声も心地よくて(^^ゞ
大の大人ばっかりでしたが、ピュアーな一面が出ますね!
濱田さんの解説に乗っかって、
聖星矢と重ねてうなづいている会長が面白かったです(笑
   

歴史の須野、昼と夜の須野、堪能した1日でした。
濱田さん夫妻、参加くださったサポーターのかたたち、ありがとうございました!!



Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



   

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/463
TRACKBACK