<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [入荷情報] 『熊野の香り Re:aroma 』 から 100%熊野産の杉とヒノキのアロマオイル! | main | デンマークと神奈川からのお客様を、ご案内。そして尾鷲の夜のマチへ・・・ >>
赤倉の民話の舞台「ビキ島岩」に会いにいってきました。


ふだんは大丹倉の上からこうやって眺めている「ビキ島岩」
赤倉の民話で、ビキ島(ヒキガエル)とタツ島(龍)のケンカの仲裁を、
この大丹倉に住む天狗様がいつもしていたという、舞台です。

タツ島はなんども会っているのですが、
ビキ島は見ての通り、あんな山の上・・・
反対側の紀和町方面から登った話はよく聞くのですが、
この手前、ガンガラ滝へ行くときの木馬道から分かれる沢沿いを登ったら、
ビキ島に行けそうだなぁと、気になっていたところ・・・
お店のお客様Mさんが、2度目のチャレンジで辿りついたと連絡をいただき、
Mさんの案内で、そのほかに地図読み達人揃いのメンバーで行ってきました☆
   

ガンガラ滝・妙見山参詣道から分かれる沢沿いの踏み跡をたどっていきます。
途中、いくつもの小滝に出会います。
   
沢沿いはキノコワールドでした。
  
今回は特に、
見たことのないキノコにたくさん出会いました。
   

大丹倉からも見える大きな滝のふもとに到着。雨が降ったあとに、滝筋が見えるんですよね。
ここは右側に巻いていきます。
   

道なき道。 こんなのを行くのが、けっこう好きなんです(苦笑
   
アサマリンドウ。
ちょっとお寝坊さん。

太陽の光が十分あたると、
つぼみをひらきます。
   

大きな滝の上に到着!ここまで1時間50分。
上の写真で、滝の上部に立つ枯れ木が、この左側の枯れ木です。
目の前に、大丹倉が!!! ふだん、立つ場所がよく見えました。
   
そしてスタートから
3時間で
ビキ島岩に到着!
   
想像よりも大きな岩でした。
   
大丹倉から見える「ヒキガエルの背中」のような
カタチはわからないですが・・・
とにかくでかーい。

ここも修験の行場だっただろうと確信させられる、見事な威容でした。

←撮影:まっさん
   

これはビキ島岩の付け根にへばりついて、
同行者きんちゃんが撮影したパノラマ!

タツ島とケンカばかりしていたビキ島岩は、
こんな風景を見下ろしていました。
大峰の釈迦ヶ岳も見えました。
ガンガラ滝から妙見山に登ったルートも見えました。
日暮山の向こうは、那智黒石の神川町。
大丹倉のむこうには、童集乃村・赤倉があり、
そのむこうから、(長尾山の左) 裏本宮街道である一の水峠の道がこちらへ
のびています。
   
自分が歩いたことのある道や山が、一望できて、感動!
   
その後は、赤倉水産の中平社長に教えていただいた尾根を伝うルートで、
ガンガラ滝の少し奥に降り、15時30分に帰着。
ビキ島岩からの景色は、また見に行きたいと思わせられました。

      
みなさん、ありがとうございました☆

    
※分かりにくい踏み跡をたどるルートです。
この土地に詳しい、登山に慣れたかたと、
地図やコンパスを携行してでないと、危険なルートです。

   

Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

   

  

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/465
TRACKBACK