<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 玉置Risaさんのペンダントランプ&臨時休業のお知らせ&歩くこと | main | Trio Virtus 西日本ツアー 2月6日 cafe gallery 遊空間@勝浦 のお知らせ >>
須野町の十二社神社&寄木神社例祭へ。


今朝は、開店前にちょっと車を走らせ、
須野町の十二社神社&寄木神社の祭りに参拝してきました。
   

須野区長の濱田さんとお母さん。
濱田さんとは、お店を開く前に、藍染作家さんのお宅で偶然出逢い、
以来、さりげなく応援してくださったり、今やkumateng関係でも
とってもお世話になっています。
それでここのお祭りに足を運ぶようになったのですが、
それを抜きにしても、この2つの神社がかなり好きなんです。

須野の住民はいまや3名となってしまいましたが、
「目の病気にご利益がある」といわれる十二社神社のお祭りには、
今でも地域外からお参りに来られます。


十二社神社の鳥居と、狛犬代わり(?)の丸石。
これ好き。海の丸石です。
先日の植島啓司先生の講演を思い出します。
「丸石は、海を表している。
  熊野信仰、自然信仰、巨岩信仰、丸石信仰などの根源は、海。」
  

  
 


この踏み石のステップと、苔のコントラスト。
  
手水の石桶も、海の丸石をくり抜いて作られたようす。
すてきすぎる。。。
  

寄木神社へ行く途中、「須野銀座」へ(^^)
このへんは家の密集っぷりがすごいです。
ノスタルジー感満載。
だけどほとんど空家です・・・

好きな石垣。
これも海の丸石を利用。
似た造りの石垣が、尾鷲市曽根の飛鳥神社にあります。
でも、一般家庭の石垣でこのタイプはここしか知らない。
      
 
  
しばらく階段を登っていくと、
   

須野の海が見えます。

そして、


庚申様。村の出入り口です。
  
よってその脇には・・・
  

かつての生活道。須野から甫母へ至る、昔のメインストリート。
(今度、ここを濱田さんと踏査します♪ 番所跡へもつながる模様。)
   

木立の隙間から、須野の海。
  

そして寄木神社へ。

ここの手水もすてきなデザインの石桶だなぁ。
  
 
  

   
潮騒が聞こえます。
  

濱田さんたちが前日にこしらえた、杵つきのお餅。
   

お社から振り返れば、木々と海。

潮騒がなお聞こえます。
   
ここは私、何度も来ています。

でも、この2社の隅から隅まで、
すごく愛おしいシーンがいっぱいで、
今日は一眼レフを持っていっていたのでたくさん撮りました。
   
手入れが、されているんですよね。
すごく。
それが、これまで受け継がれてきたこの集落の歴史と相まって、
いい空間をつくって、いい空気が漂っている。
   
とても気持ちのいい場所です。

もうお参りの人もほとんどお帰りになっていたので、
静かに波の音を聞きながら、手を合わせました。
  
帰り際、
お札とお守り、
杵つきのお餅をいただきましたよー

おいしそう☆

あと、
桜の木の下で談笑中のお母さんたちが、
二木島へ帰るのに、
「福祉バス」をあと1時間待つというので、
通り道なので送りました。


   

   
そしたらお礼に、と
「ウメモドキ」のドライを
いただきました☆

これは、ほしいな〜
と思っていたドライなので、
嬉しい!

ありがとう、
二木島のおかあちゃん。

ほとんどは、ツタにまきつけて
リースにしました。
これは家に飾ります!
    

そして1本、店内に飾っています。
場が変わるなぁ。


田舎の小さな神社のお祭りって、
素朴だけど、地元の人が話しかけてくれたりするので、
楽しいし、静かにお祈りできますよ。

2月2日には花の窟神社のお祭りがあります。(くまどこイベント情報
これはちょっと大きなお祭りですが、
誰でも参加できるので楽しいです。ぜひ!




木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*

奥熊野ガイドコミュニティ kumateng http://www.kumateng.com/


 

   

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/510
TRACKBACK