<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ふーどら 14号が届きました(●^o^●) 特集は、漬物。 | main | 山の中のサーフボード工房『LOG JAM』さんからヤタガラス印のKey Rings♪ >>
琴線ぷるぷる。Sketches of MYAHK … 


昨日は、「スケッチ・オブ・ミャーク 上映会 in 熊野」
尾鷲会場での上映会に、行ってきました。
   
今頃、新宮会場は上映中・・・
明日は、田辺会場です。
   
仕事がない日だったら、田辺まで行ってもう1度見たいな

そんなふうに思うくらい。
    
始まってしばらくして、かなり最初の段階で、心が震え始めて。
涙がじわり。じわり。その後も、じわり。じわり。
  
ストーリー的な悲しい涙とか、嬉しい涙とか、感動の涙、
とかっていうのではなくて、
まさに心の琴線に触れるってこういうことか、というか。
不思議な震えと、
哀しみや苦しみもすべて内包した生きる歓びのようなものが
湧きあがってきました。

コトバ以前の、魂の震えが、
こんなふうに歌い継がれているなんてすごい。
      
ま、所詮 コトバにはできません。。。

形式化される以前からの祭司の様子とかも、
熊野の聖地でもこういったことがきっとされていたんだろうなぁ。
歌を歌っていたのかもしれないなぁ。
あれこれ想像もかきたてられました。

最近、友人の紹介でとある人の旅ブログを見ていて、
「文化を超えた人の真なる部分ってなんだろう」
っていう一文に、私もあれこれ考えていたところでした。

そして真なる自分について、これからの生き道について。
いやー、スッキリ!度が増しました♪

そんなときにこの映画に出逢えたことは、
ほんとうにありがたいです。

久保田真琴さん、実行委員会のみなさま、
ありがとうございました。

明日、都合がつくかた、お近くのかたは、ぜひ田辺会場へ!
久保田さんに発掘され、
メジャーデビューを控えている熊野に棲息?していた
ギターリスト・濱口ゆうじさんのLIVEもありますよ。(イイナー♪)


《田辺会場》
2014年2月9日(日) @RaRa Locale
14:30 OPEN、15:00 START
第1部 濱口祐自・天野一生ライブ
チケット:2,000yen
協力:Coffee House GORILA
問い合わせ:0739-24-5078

全国の上映場所については
スケッチ・オブ・ミャーク 公式ページ




    
   
   

木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*

奥熊野ガイドコミュニティ kumateng http://www.kumateng.com/






   





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/517
TRACKBACK