<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 木花堂、ミニ図書館サービス始めました(●^o^●) 全国に広がるリブライズのサービス。 | main | ちょくちょく入っています。 >>
やっぱり美味しい土鍋で炊く玄米は。松田さんいただきます。

奥熊野の奥里・碇(熊野市神川町)の松田さんがつくる
お米を販売させていただいて2年目で、以来、自宅で食べるお米もこれです。
毎日とはいきませんが時間に余裕があるときは、
お米を土鍋で炊きます。
つまり白米は、大体炊飯器で炊いちゃってますが、
玄米を食べるときはやっぱり土鍋でないと★

土鍋を手に入れる前は圧力鍋で炊いていましたが、
やっぱり土鍋で炊くと、甘みがあってふんわりで、
ずっと好き。
   
きのうの玄米も、いいかんじに「カニ穴」ができて
美味しく炊けました。美味しかった。幸せ。

なーんて書くと、いつもこんな感じに思われそうですが、
ここしばらく、「土鍋で玄米を炊く」時間の使い方を
できずにいました。

こういう時間を持つかどうかは、
時間の使い方や、気持ちの持ち様次第ではありますが、
こういう時間を持てるかどうか、
それが私のバロメータだなぁと思います。
こういう時間を持てなくなったら、
物理的または心理的のどちらかの何かがズレる。

玄米を土鍋で炊くことだったり、
部屋に花を飾ったり、
観葉植物に意識を向けることだったり、
PCの電源を切ってスマホを置いて本を読むこととか、
どれでもいいのですが。
やっぱり大事だなぁ〜

  

そして何より、この碇の里の風景が浮かんでくる。
この里に流れる清い水、松田さんの顔。
そういう食が身近にあることが本当にありがたい。
    
松田さんの自然栽培米「碇の土のチカラ」は、
オンラインショップで
好評販売中です♪
   
   

   
木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*

奥熊野ガイドコミュニティ kumateng http://www.kumateng.com/


 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/521
TRACKBACK