<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< kumateng×mont-bell コラボツアーモンベルさんと現地打ち合わせ。募集開始しています! | main | 明日6日は、神川さくら祭に出店します(店舗はお休みです) >>
「奥熊野 須野産 自然栽培・樹上完熟のはっさく(八朔) (農薬・除草剤不使用) 1kg〜 量り売り」 販売スタートしました。

奥熊野の海沿いの小さな箱庭の集落・須野町から、
自然栽培・樹上完熟のはっさく
が届きました(^◇^)

このブログにも何度となくいろいろな話題が出ている須野町。
   

過去のブログ 寄木神社&十二社神社の例祭へ 


過去のブログ 須野の人が代々つめていた楯ヶ崎遠見番所道の整備

その須野の濱田さんからは、ヒジキやフノリ、
そして毎年、甘夏を仕入れさせてもらっています。
今年は、八朔がたくさん成ったということで、
初めての八朔@木花堂です。
   
そのことをまわりに伝えると・・・
「えー!私はっさく、大好きなの!」という友人が数人。
八朔ファン、意外に多いなぁ。
そして私も食べてみる。
甘夏に似ているけれど、何かが違う。
八朔の個性とは・・・?
  

  
そうだ。ほんのちょっとのほろ苦さ。
そして、食べるときに手がベトベトにならない。
(果汁があふれ出ない?)
かといって果汁が少ないわけではない。
果肉の弾力も特徴的で、
歯がぷちっと袋を破ると、
中には果汁がふんだんに詰まっている!
  


ほろ苦さも、ちゃんとした栄養。
調べると、ナリンギンというポリフェノールの1種らしい。

とはいえ、奥熊野で一番綺麗じゃないかと思っている
須野の海風を浴びて、樹上完熟させた、甘さもしっかり。

お猿さんとにらめっこして濱田さんが育てた、
日本原産の柑橘・はっさく。

ぜひ味わってみてください。

オンラインショップ掲載準備できました☆
  

木花堂 オンラインショップ 八朔ページ


  

木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*

奥熊野ガイドコミュニティ kumateng http://www.kumateng.com/

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/530
TRACKBACK