<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 馬明窯 畑中伊紀さんの陶展「熊野のやきもの」が開催されます! | main | 「奥熊野 須野産 自然農・樹上完熟の甘夏(農薬・除草剤不使用) 1kg〜 量り売り」 販売スタートしました。 >>
木花堂 三県境支店?が瀞峡の瀞ホテルさんにOpen♪中辺路のselection ROCAさんと♪

三重、和歌山、奈良の三県の境が、瀞峡にあります。
その一角に佇む100年近い歴史を誇る「瀞ホテル」さんは、
4代目夫婦によって昨年、喫茶室として新たにスタート。
その一室で始まる新たな試みに、
木花堂も参加させていただくことになりました!

和歌山のオリジナル革小物&セレクト小物の
selection ROCA」さんと(和歌山・中辺路町)一緒に、
瀞ホテルさんの喫茶室横の小部屋で、
木花堂はメイドイン熊野の日用品を置かせていただきます。

瀞ホテルさんは三県境に建っていますが、実際は奈良県。
なので、見事に3県の事業者が、県境に集まりました。
   
熊野って、何県なの?と聞かれることがありますが、
熊野って、何県でもなく、「熊野」なのだけど、
明治時代に3県に分かれてしまったんです。
本当は県境関係なく、「熊野」が1つになって情報発信や
おもてなしができたらいいのだけど、
行政区分だとか新聞だとかいろいろぱっきり分れているので、
未だに、和歌山県側の熊野では何が起こっているのか、
奈良県側の熊野では何が起こっているのか分からなかったり(笑

瀞ホテルの4代目東さんは、
県境の垣根を取っ払った試みを、瀞ホテルで始めたいということで、
今回のお誘いをいただきました。
私もこういう試みに参加できてうれしいです!
  

  
なによりも瀞ホテルさんのような素敵な場所・建物・雰囲気のなかに
メイドイン熊野のいいものを置かせてもらえる・・・のが嬉しい。
作家さんのお品も、映えますね〜☆彡
  

  

熊野かきまぜTシャツ、尾鷲ヒノキのへむへむ、
尾鷲ヒノキのまないた、
そめやなないろさんの本藍染てぬぐい(木花堂オリジナルのヤタガラス印)
等を並べています。  
まだ商品少なめなのですが、
ぼちぼちランチがてら納品に訪れて充実させていきたいと
思いますので、
これを機会に「瀞ホテル」さん、ぜひ足を運んでみてください!
↓少し前にランチしにきたときの写真です♪
  

   


木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/538
TRACKBACK