<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 木花堂、木本町での営業ファイナル ありがとうございます!移転オープンは8月末から9月頃予定、今後ともよろしくお願いします<(_ _)> | main | 9月23日秋分の日、移転オープニング・ミニイベントします♪ >>
須野で暮らし初めて1か月がたちました。そして新たな始まりの日は…

前回の更新から2か月弱もの月日が過ぎてしまいました^_^;
7月6日に熊野市木本町の木花堂店舗をいったん閉めて以来、
店舗の解体作業に並行して、これから自宅兼店舗となる須野町の古民家の
改修作業をしながらその家に移り住んだのが、7月中旬ごろ。
寝る部屋だけは畳の表替えがされていてくつろげる空間になっていましたが、
移り住んだ当初は毎日外で調理して、
キャンプチェアとビールケースに板を置いたテーブルでご飯(笑。
それでも、蛇口をひねれば流れてくる山からの天然水、
(須野町では住民主導でタンクから各家庭の蛇口に山水をひいています)
薪で炊いたやわらかい水のお風呂、住民の方からいただくお野菜や魚介類、
そして見上げれば満天の星。
いろんな環境の変化で、なかなかのハードな毎日だったかもしれませんが、
須野の自然のパワーが、毎日毎日、口から、肌から、目にも、
入ってきて・・・カラダの中にみなぎっていくようでした。
実は6月頃から肌の調子を崩していたので、
店の引越しや古民家改修で普通であれば肌にはよくないホコリやカビを
浴びまくっていたわけですが、
須野で暮らし始めると不思議とゆるやかに治癒されていきました。
(薬は一切使わなかったので)
やっぱりカルキが入っていまい水の存在が大きいと私は思っています。

そんななか、私事ですが7月27日には多くの友人の助けを借りて、
本当に素朴でアットホームな結婚式を、熊野市の赤倉の丹倉神社で
挙げさせていただきました。
熊野に移住して10年目に、公私ともに特別な場所であり続けてきた
赤倉の丹倉神社で挙式できたことは、とてもとても嬉しく。感謝のみです。
そのことはまた改めて書きたいと思いますが、
赤倉の中平さん、大馬神社の山東さんをはじめ、
お手伝いいただいた皆様、ご参列くださった皆様、
本当にありがとうございました。
  
   
さて、結婚式も終わり、ほーっと息をついたところで、季節は真夏へ。
この頃から、マサーヤン自作のロケットストーブを調理器具として導入。
お米やお茶、その他できるかぎりの調理を薪でするようになっていました。
   


お盆前後はひっきりなしに、神奈川の家族はじめ、
ご縁ある友人や仲間たちがたくさん遊びにきてくれました。
迷路みたいな須野ワールドにどっぷり浸かって、
帰るときはなんだかパワーがみなぎって、
顔つきが変わって帰っていく方が多く・・・
これからこの地でお店をするにあたって、
売上だとか客数とかは割とどうでもよくて、
私たちは普通に楽しく素朴に暮らしながらお店でいろんな人を待っていて、
来てくれた方には何かを感じて人生に少しプラスしてもらえることがあったり、
少しでもエネルギーを得て幸せがUPしてもらえればいいなぁ、
なんて希望を、思い描いています。
この8月は私たちにとっても夏休みであり、
そんな木花堂の未来の在り方をいろいろと思い描いた1か月でした。


熊野の女子カメラチーム「en finder」のメンバーが
漆喰塗りを手伝いに来てくれたり・・・
    
  

ファミリーで遊びにきてくれてスイカ割りをしたり・・・
  

旦那さんの魚釣りがレジャーではなく暮らしになってきたり・・・
  

潮だまりで貝をとったり、海でスノーケリングをしたり・・・
  

炭火で赤倉野生茶を炒ることも始めました。
  
 
お米はロケットストーブでの薪と土鍋で炊いています。
沸点に達したら、弱火にした七輪に移動。
空いたロケットストーブではほかの調理ができます。
なんて・・・私は火の管理がまだまだだし、
(でも火の管理をしながら調理するのは1人ではなかなか難しいと思います)
もっぱらやってもらってます。
私は上から調味料をふったり下準備・味付け担当。(笑
あ、でももちろんときどきガスも使います。
プロパンは入れてないので、カセットコンロを補助的に。
でも長時間煮込む必要があるものは薪や炭で十分だし、
なによりとってもとっても美味しくなります!

まだまだ慣れないこと(主に虫関係 笑)があったり、
勝手が悪いこともいっぱいだけど、
それ以上に暮らしているだけで満たされ、喜ばしい(笑
ずっと憧れていた、自然の恵みのもとでの暮らし。
昔の知恵を学び取り入れ、現代の新しい知恵と融合し、
暮らしを創造していくことにワクワクしています。

これまでの木花堂で取扱いさせていただいてきた
メイドイン熊野の衣食住のいいモノたちも、
そんな暮らしを通して、この空間で手にとっていただくことで、
より品々も生き生きしていくのではないかと、
今からお店づくりが楽しみです。

長々と書きましたが、
今はそんなかんじで毎日暮らしており、
今後はなるべく暮らしのコトもブログに書いていきたいと思います。

さて、
この地での木花堂の新たなスタートは、

9月23日 秋分の日

と決めました。
まずはその日を新たな始まりとして。
また詳細をお知らせしていきますね!
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


 
  

木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 
スポンサーサイト
咲恵さん、ご結婚おめでとうございます。
GWに友人と熊野に旅したのですが、友人たち、
と言っても還暦オーバーの女子軍団ですが、が
みな疲れてしまっていたので、お店(以前のね)にも
寄れずじまいでした。

結婚式にはメッセージを、と思ってあかくらの社長に
FAXのリレーをお願いしましたが、届かなかったかな?

新婚とはいえ、マイペースでお暮しのご様子、
頼もしい限りです。

いずれ須野にも遊びに行きます。
名古屋の東紀州ファン | 2014/09/09 13:39
名古屋の紀州ファンさま>コメントお返しするの遅くなってしまってすみません!!(+_+)
結婚式のファックス、ちゃんと届きましたよ、本当にありがとうございました!!うれしかったです。須野でお待ちしています(^o^)丿
konohanado | 2015/02/02 12:10
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/550
TRACKBACK