<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< en finder.さんのポストカードほか、品切れだったものたち入荷しています。 | main | KUMANO JOURNAL vol.16 2014年秋号発行しました! >>
今年もこの季節♪柳谷の原種柚子&碇の自然栽培米、入荷しました!(数が少ないのでお早目に〜)

販売させていただいて、今年で3年目♪奥熊野の奥の里「柳谷」の原種柚子です!個人的にも、待ってました〜っ。
「原種柚子」とは、品種改良されていない柚子のこと。柳谷は昔から柚子がよく育つ土地でしたが、樹齢100年の古木が残っており、その木から接ぎ木して150本の苗を育てることに成功。柳谷の特産品にしよう!と、「柳谷ゆずくらぶ」をたちあげて、集落のみなさんで柚子を育てています。
今年は大幅な剪定があったため収穫量が少ないので、限定10kgの販売です。早い者勝ちですのでご了承ください(^−^)
詳しくは、オンラインショップのこちらのページをどうぞ。店頭では、量り売りをしています!
  
木花堂オンラインショップ
 奥熊野柳谷産 自然栽培の原種柚子 1kg当

   
そしてこちらも3年目。これまた奥の奥の里「碇」の松田さんが育てた、自然栽培米「碇の土のチカラ」。玄米、白米ともに入荷しています。昔の農サイクルでやっているので田植えは6月、収穫は10月末なので新米の入荷が今になるわけです。
  

  
私自身も、このお米を常食して3年目。ほんとうに美味しい、エネルギーがあるお米だと思います。
松田さんは、30年以上前から化学肥料をやめて有機栽培・減農薬でお米づくりをしてきましたが、76歳のとき農薬を完全にやめて自然農に切り替え、今年で5年目になります。


詳しくは、木花堂オンラインショップ
自然栽培米「碇の土のチカラ」のページをご覧ください。





  

2014年春に、田んぼのお手伝いに行ったときの写真。
松田さんの手と、田んぼの表面のトロトロ層
通常よりも、1ヶ所に植える稲の本数が少ないのが松田さん流。
収穫量は落ちるけれど、稲1本1本のチカラがはぐくまれるのだそう。
  

トロトロ層の下を泳ぐおたまじゃくし。
   

土鍋でふっくら炊いてもよし。圧力鍋でぷっくら炊いてもよし。
松田さんのお米、ぜひ、多くの方に味わっていただきたいです。

詳しくは、木花堂オンラインショップ
自然栽培米「碇の土のチカラ」のページをご覧ください。

  



   
木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 

 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/557
TRACKBACK