<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 本日の須野マルシェANDくまの川おはからいまつりについて | main | ご注文後、収穫します♪海辺の村 須野から…自然栽培・樹上完熟のあまなつ。 >>
【♪御礼♪】 第1回須野マルシェ with おはらからいまつり in くまの川王国

3月29日、雨のなかたくさんのお客様にお越しいただき、『第1回須野マルシェ with おはらからいまつり in くまの川王国』を無事開催することができました、お客様、出店者のみなさま、お手伝いくださったみなさま、とても楽しかったです、ありがとうございました!!
  

連日好天が続いていた数日前から天気予報が怪しくなり、低気圧の接近にともない、29日の朝〜夕方というまさにイベントの時間だけ雨が降るということが前日の天気予報でわかり、当初予定していた開催場所を旧小学校校庭から、須野集会所に変更。会場としては狭めですが、雨だとお客様も少なくなるだろうし、逆に濃い~空間になるのだろうな~と、天候に関しては少々残念な気持ちも少々ありますが、これもまたそういった何かの意味があるんだろうから、ゆるーく楽しもうっと…(#^.^#) という感じでいたら、出店者の方も同様の様子で、みなさん須野に集合♪
そしたらなんと、11時ちょっと前からどんどんお客様がいらして、11時過ぎには、あっという間に、須野区営駐車場も、校庭も、車で埋まってしまいました(゜レ゜) 校庭は、もともと開催予定地だった校庭まで車でいっぱい…(汗
第1回ということでどのくらいお客様が来てくださるか全く未知でしたが、晴れの場合でも駐車場がいっぱいになることは想像していませんでした。ましてや、雨なので余裕だろうと… 須野区へ入る道はとっても細くすれ違いも困難なので、晴れていたら交通パニックが起きていたところ。
これは、雨に助けられました。。。!!!いつになるか全く未定ですが、第2回開催のための参考になりました。
  
さて、そんなわけで準備もよゆ~でやっていたらドドっとお客様が…出店者さんたちみんなちょっとパニック>゜))))彡
12時30分になると、旧校舎のほうで東野ケンイチさんのインド式紙芝居が始まってそちらにみなさん移動されたので、集会所は少し落ち着き、そこで一息!私もここぞと写真を撮りました。(人の密度で写真が撮れないくらいだったので…^_^;)
学校のほうから、紙芝居を見ている子どもや大人の笑い声が聞こえていましたよー☆
  

本宮からのイラストアーティストの杉本麻絵さんのコーナーでは、手描きのTシャツやイラスト小物、炭焼き職人の旦那様の備長炭や木酢液なども。そして似顔絵コーナーも大盛況でした。
  

似顔絵コーナーはなんと2名のアーティストが!杉本麻絵さんと、熊野市の若手デザイナーsalt graphicさん。どちらもクォリティ高すぎー!!!完成した色紙を持って嬉しそうにお部屋を出ていく人たちの笑顔が印象的でした♪
  

そして手紬ぎ帽子屋 NATS.h.w(本宮)のコーナー。すてきなお品が並ぶと、なんだか集会所の雰囲気まで変わる…!手紬の毛糸の帽子ほか、麻などの素材の春夏モノが並んでいました。
  

こちらは御浜町尾呂志より、クレイと香りのお店「佑天(うゆんて)」さん。大豆キャンドルや天然素材のお香などの手づくりアロマグッズの販売のほか、この場で10分くらいで、自分好みの香りをブレンドできるお香づくりや、クレイのワークショップで、女子のみならず男子も癒されていました♡
 
 
自家栽培ハーブ類の苗もあった♪ そして娘さんの、手作りカラーゴムアクセサリーは大反響!!好きな色を選ばせてくれて、その場でリングやブレスレット、ストラップを作ってくれるんです。わたしもストラップを作ってもらいとても気に入っています。小学生女子、すっかり店主の顔でした♪
  

わたしたち木花堂は、この日の朝、薪の火で焙煎したコーヒーをサービスでご提供のほか、ちょこっと雑貨も並べていました。実店舗のほうも自由に見学していただいていました。
  
 
御浜町の創作レストラン日和さんのランチは、ナポリタンスパゲティ、かぼちゃプリン、自家製すももジュース、ピクルス、を選べるスタイルで11時スタートから夕方までずーっと行列!相変わらず美味しかったですー!!
  

こちらも御浜町から出店のココロとカラダにやさしいおやつ 「Kinari」さん。すてきなディスプレイと雑穀やオーガニック素材をつかったスィーツ、こちらも行列、完売でした!
  
 
そして新宮のケーキ屋さん「アンティヤスコ」さんのハワイアンバター餅餅は完売間近にGET!!北山村のK夫妻のミカンも好評でした!
  

勝浦からのPONさんによるタイ古式マッサージも、スタート時からずーっとひっきりなしで、連続施術、本当におつかれさまでした!写真は、インド式紙芝居の東野ケンイチさん。気持ちよさそう♪
  


熊野市飛鳥町の山の中のサーフボード工房「LOG JAM」さんと、熊野市神川町の本藍染工房「そめやなないろ」さんとのコラボサーフボード展示!こちら拝見するのは2度目でしたが、須野にあるとまた違った雰囲気。。。しかもバッグはお寺の木の壁♪ 素敵でした!
  

そして13時30分からは旧校舎のなかで滝本ヨウさんの木削り教室がスタート。みなさん、ヨウさんのお話しに最初から惹き込まれていく様子が伝わってきました。わたしたちも先日体験させていただきましたが、(そのときの様子はこちら)この日くまどこさんが取材に来てくれたそうで、なんと10年前にもヨウさんの木削り教室を体験していたのだそうです。そしてそのときの木を、まだ大切に持っているとのこと。「こうあるべき」とか「これが正しい」とかいろいろ自らを縛り付けている観念を、削り落とし、表れたその木の魅力は、まるで自分自身…という不思議な感覚。これを忘れず…自然の中で日々感じ続けたい♪
  
 
今回の須野マルシェ開催のきっかけは、この滝本ヨウさんが熊野全土(!?)に声掛けして開催された『くまの川王国・いいはからいごと』(facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/1006861852665723/)です。今回このご縁の流れをいただいたことで、また心地いいご縁が広がりました。本当にありがとうございました。
  

  

そして隣では、2時頃から音楽ライブがスタート!まずは御浜町からの永井宏典さんによる篠笛ユニット。そして永井さんによるギター弾き語り、尾鷲市からの湯浅光太さんのギター弾き語りと、1時間以上にわたって旧校舎に音楽が鳴り響きました。なんだか校舎が生き生きして見えました。
  

そして紙芝居2回目は、集会所の2階に場所を移してくださいました☆ 始まって10秒でぐぐっと子どもたちはじめ見ている人たちを惹き付ける東野ケンイチさんすごすぎ!!なんと表現してよいのやら。ずーっとみんな笑ってました。子どもたちは笑いすぎておなかがよじれちゃったんじゃないかしら(・v・)
紙芝居の絵は、画家である東野さんが描いたもので、巻物になっていて、めくるめくアナザーワールド。お話しはいろんな解釈ができますが、とにかく普段「常識」と思っていることなんて意外と大したことない…、むしろ真実でなかったり、いつでもぶち壊れるモノ。だから「常識」とか「人の目」とか「何が正しい」とか「やらなくちゃ」とかっていう自分を縛る観念なんて、手放しちゃいなさい~♪ってメッセージがあるように感じました。
このような紙芝居を、この須野でみなさんに出会ってもらえて、私も出会えて本当に幸せでした。ありがとうございました。
  
という感じで、第1回須野マルシェは、「くまの川王国・いいはからいごとプロジェクト」の中で無事開催し、100人以上のお客様に足を運んでいただき終了しました。
最後に、、「くまの川王国・いいはからいごとプロジェクト」の主旨を転載させていただきます。 
  
──────────────────────────────────────────
くまの川王国・いいはからいごとプロジェクト
   
 くまの地域は、現在3つの県(和歌山県東部・三重県南部・奈良県南端部)に分断されています。

今回のプロジェクトは、行政界を超えた本来のくまの地域(くまの川を中心軸とした生活圏全体)で、個人参加型のふるさとづくりをめざします。
 水の国日本の美しい自然環境を取り戻し、子どもたちから老人まで、みんなが活き活きと笑顔で暮らせる生活文化圏をつくりませんか。黒潮の流れる<海>と照葉樹林の育つ<山・森>、そしてそれらを繋ぐふるさとの<川>による水の循環システムを復元し、人間だけの為のはかりごとではなく、全ての生きものや自然の為に「いいはからいごと」をしたいです。
  くまのには、日本人の先祖である縄文人(びと)が大切にしてきた自然崇拝の場が沢山あります。経済優先型の都市生活の行きづまりが目立ち、自然と賢明につ きあう山村(田舎)復活の契機が来ているようにも感じます。あなた個人の得意技を活かし、くまのの自然や子どもたちに、あなたの素敵な思いを繋げません か。
 「はからいごと」は、いい「気」を発信します。くまのの地から、ふるさとづくりのいいはからいごとを伝染させたいです。
 今(2015年春)このプロジェクトの参加者は、くまの内外で110名を超えました。高校生から80才のお年寄りまで、いろんな方たちが個人的に参加してくれています。このプロジェクトには、組織的な規制はありません。自分のためのはかりごとではなく、ふるさとくまのが元気になるようなはからいごとをしたいです。

くまの川王国・いいはからいごとプロジェクト担当 滝本ヨウ

<facebookイベントページ>
https://www.facebook.com/events/1006861852665723/

──────────────────────────────────────────

ここで「はかりごと」という言葉と「はからいごと」という言葉が出てきます。木削りを体験したときのマサーヤンブログ記事にも書かれていますが、人間の思惑でやることを「はかりごと」、自然(おおいなる宇宙の意思)がやることを「はからいごと」です、とヨウさんはおっしゃっていました。
「はからいごと」は、何かをコントロールしようとか、思い通りに変えようとか画策するのではなくて、心遣い。だからよく、事前の連絡でも「がんばらないでくださいね~笑」と言われました(笑 
がんばらないで、楽しいこと・自分の心が心地いいことをやる→それに共感してくれる人とそれをシェアしながら→暮らしていく&なんかおもしろいことをやる…というのがイイネと、ここでの暮らしを始めたときかマサーヤンと2人でよく話していました。がんばりすぎると、自然や宇宙の意志を感じられなくなったり、何かズレが生じてしまう経験を、これまでの人生で味わってきたから。
(でも、頑張らないからといって怠ける、というのとは違うけど!)
なので今回のイベントも、受け入れ態勢など決して整っているとは言えない中、頑張りすぎず、開催することができたのは、そういう波長でつながったみなさんのおかげ!感謝感謝です。次はいつになるかわかりませんが、須野マルシェは続いていくと思います。
素晴らしい体験をさせていただきました。出店者のみなさん、お客様、須野町のみなさん、ありがとうございました☆☆☆
長文おわり。
   
  
  
  

●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/574
TRACKBACK