<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 【入荷情報】 赤倉野生茶の新茶入荷しました!&田んぼのこと。 | main | [入荷情報] 手づくりこもの*aiさんから市木木綿のいろいろ & お知らせ >>
KUMANO JOURNAL 18th issue 7月1日頃発行・発送します&休刊のお知らせ。

KUMANO JOURNALの18号がだいぶ遅れましたができあがり、ただいま印刷上がり待ちです。本来のペースなら、春に出す予定だった18号。関係者の皆様、待っていてくださった皆様、まことに申し訳ございません(+o+)

今回の特集は前回から始まった「熊野に生きる人たち」シリーズのvol.3として、熊野市の奥里・神川町の柳谷で全国でも数少なくなりつつある、日本伝統の本藍染をしている『そめやなないろ』さんについて書かせていただきました!
木花堂でも、OPEN当初から製品を扱わせていただいて、私たち自身も、日頃から洋服やショーツ、てぬぐい、マサーヤンはふんどしなどを愛用していて、「本藍染」の効果・効能をすっごく実感しています。誌面に詳しく書いているのでここでは割愛しますが、ほんとにこの季節でも嫌な臭いがしない(微生物のチカラ!)し、そして身にまとっていると心・精神もとても気持ちいいんです☆
   
でも、市場に出ている「藍染」商品のなかでも、日本ならではの菌による発酵の力で染める「本藍染」との区別はなかなか分かりずらかったりして、「本藍染」をほんとうにちゃんとやったら、すごくコストと手間がかかるのでどうしても高価になるのですが、それだけの価値があるし、それを継承する人が熊野にいる、熊野の綺麗な水と自然との循環の中でこそそれが可能…そしてその循環の中での2人の暮らしも然り…ということを最後にどうしても書きたかったのでした。
KUMANO JOURNALを置いていただいている場所のリストは、こちらです。ぜひご一読ください!!

そして、毎号好評連載いただいている、
写真師・松原豊さんによるgraph series「ムロウノクニ」(これまでの連載バックナンバーはKUMANO JOURNAL WEBのこちらで閲覧できます。)
旅イラストライター植野めぐみさんによるイラストマップ「那智黒石の里・神川町」
○熊野の若手デザイナーsalt graphicさんによる熊野市の旧市街「木本町」の魅力を掘り下げるコラム「なんだか木本町」
が今回もKUMANO JOURNALを彩ってくれています!
私たちの暮らしをつづるコーナー「すの便り」もvol.3を掲載しています。

●お知らせ●
今回で、休刊します。これまでのご愛読まことにありがとうございました。


そして上に「最後」と書きましたが、この18号にて、一旦休刊することにしました。これまでご愛読くださった皆様、誌面に登場いただいた皆様、広告主の皆様、ご協力くださった皆様に、心から御礼申し上げます。

KUMANO JOURNALは、木花堂の志水昌幸・咲恵が編集・発行する個人のフリーペーパーですが、今夏に咲恵が出産を控えており、子育てを優先することにしたためです。「すの便り」にも綴っていますが、「暮らしの仕事」にかける時間がとても増えたことも、もう1つの理由です。しかしそういった暮らしは私たちが望んでいたことで、想い描いてきたことは、ゆっくりペースですが1つ1つ叶っており、太陽・自然・つながっている皆様に感謝の日々です。

私たち自身、「紙」で熊野のすてきな人や場所やコトを紹介する、デザインする、それでまた新たにつながる…という、このKUMANO JOURNALが好きです。なんとか続けようと思い、前号の紙面では、誌面サイズや発行回数の縮小をするのみで継続していくと書いていたのですが…その通りにできずに申し訳ありません。須野暮らしのスローライフ(ゆったり過ごしているのではなく、ご飯やお風呂を薪で炊くのも、調味 料を自作するのも、旬の仕事をするのも、田んぼを土から作るのも、進行はスローで暇は一切ないライフってこと 笑)の中で制作の時間がなかなか取れず、(私が妊娠中で無理がきかなかったっていうのも、今回発行まで半年かかった理由でありますが、いずれにしても、)いよいよ、この規模での制作・発行の限界を感じました。
何よりも生まれてくる赤ちゃんのことを優先し、無理に続けるよりも一度終わりにし、この須野での木花堂と自分たちの暮らしをしっかり築いていくことにフォーカスしたいと思います。

手にとって何かを感じる「紙」のフリーペーパー。須野暮らしのリズムに合った規模・カタチで、いつかリスタートできたらいいなぁと思っています。

でもでも☆WEBは今後も閲覧可能です。
現在、これまでのバックナンバーの閲覧・ダウンロードと、写真師・松原豊さんのムロウノクニの閲覧ができます。熊野旅マップもダウンロードできます。近々、植野めぐみさんのイラストマップ等もダウンロードいただけるよう整頓しますので、あわせて熊野旅にお役立ていただければ幸いです。

http://kumanojournal.jimdo.com/






●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/586
TRACKBACK