<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 今週もありがとうこざいましたANDみはまるしぇのお知らせ | main | 今年も、柳谷ゆずくらぶの原種柚子、入荷しましたー! >>
無農薬のお茶いろいろ from どこでもそら & 「日本と原発」くまの上映会のお知らせ

那智勝浦町色川でお茶を無農薬栽培している、"どこでもそら"さんから、品切れになっていた和紅茶ほか、今回から煎茶と、上ほうじ茶に国産の無農薬レモングラスとジンジャーをブレンドしたものなど、入荷しました!
和紅茶は、日本茶の茶葉を紅茶にしたもので、普通の紅茶よりもまろやかで甘みがあり、とても人気です。煎茶も、渋みと甘さのバランスがとてもよくて美味。
ブレンドにはジンジャーが入っているので、体が温まります!レモングラスの香りにも癒されてください。


"どこでもそら"さんは、那智勝浦町の山奥の「色川」という集落の、500m〜700mの標高の段々畑で無農薬でお茶を栽培しています。


缶と袋が選べます。缶のデザインがめっちゃすてきなので、お土産やプレゼントにぴったりー。
缶も袋も内容量は一緒で、35g入り。缶は880yen。袋は600yen。今回、和紅茶のみお徳用大袋もあります。そちらは80gで1,200yen。
お茶、パッケージ、コンセプト。すべてに気持ちがこもっている。どこでもそらさんのお茶、ぜひお手にとってみてください。

そして、『日本と原発』くまの自主上映実行委員会さんから、ポスターとチラシが届きました。紀伊半島には原発がありません。でも、ここ熊野にも、原発がつくられそうになったことがありました。44 年前。その予定地だったところの海で泳いだことがありますが、その時は、そこが予定地だったことは知りませんでした。当時、原発の安全性を疑問視し、原発抜きの地域活性化を訴え、闘った人々が、ここ熊野にいたことも。もし、熊野に原発があったら、私はこの地に移住してきたかなぁ〜?ぜったい、NOでした。過去にそういった闘いがあったことを知ったとき、本当によく、防いでくださったなぁ。。。と心の中で静かに感謝することしか、できませんでした。

今回、このドキュメンタリーを企画しているのは、熊野市周辺の女性たちが中心です。その中には、福島から移住してきたかたもおられます。今回の情勢回では、当時の活動の様子を知る人とのトークイベントもあり、昼夜2回の上映だそうです。
我が家の姫がまだ生後4か月で小さいのと、営業日なので、私たちは行くことができませんが、、、ぜひみなさま、足を運んでみてくださいませ。<m(__)m>

Facebookページはこちら→
https://www.facebook.com/events/849025251872234/


日本と原発』くまの自主上映実行委員会


■日程:2015年11月23日(月・祝)
■場所:熊野市林業会館(熊野市井戸町349-1)
■定員:1回につき100名
■料金:1000円(高校生半額・中学生以下無料)

◆1回目の上映
 13時15分 開場
 13時30分 第1部 トーク
 14時15分 第2部 上映(2時間15分)

※第1部は熊野で原発闘争を行った方のトークディスカッションです。質疑応答など、参加者の方も交え行いたいと思います

◆2回目の上映
 17時 開場
 17時15分 上映
 19時30分 終了






●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)
https://www.facebook.com/dorohotel.jp

●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
http://www.konohanado.net
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
http://kumanojournal.jimdo.com/
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/599
TRACKBACK