<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< [入荷情報] 手づくりこものaiさんの、市木もめん小物たちNewいろいろ。 | main | みみずく工房さんの、市木木綿のお雛様 >>
春のデトックスのススメ。セイタカアワダチソウの入浴剤、入荷!

雑草をつかっていろいろつくる、“くさぼうぼう”さんから、雑草の王様!?ともいえる“セイタカアワダチソウ”の入浴剤が届きました^_^ セイタカアワダチソウって、もとは外来種で、繁殖力もすごいから、けっこう嫌われ者ですよね。でも、じつはすごいんです。セイタカアワダチソウ。



入浴剤として使うといろいろとよいということで、東城百合子さん著の『自然療法』に大きく取り上げられています。

、、以下 『自然療法』より抜粋

セイタカアワダチソウは薬毒や公害を出すほどの力があります。アトピーのかゆみもとり、薬害で苦しむ方々もこれで助けられている。、、、、、何故なら薬毒さえも引き出してくれるのは、花の中の蕾の頃に1番多い酵素の働きです。、、、そのまま水を替えずに放置して、次の日は炊き直して入ります。1日目より成分がしみ出しています。3日目は、色も濃くなってきます。家族が2、3人なら、涼しい季節では4.5日位入れます。夏でも3日は充分入れます。、、

、、抜粋終わり。


さっそく我が家でも試してみましたが、香りがよく、なんだかいつもより体の芯から暖まる感じがいい。湯上りのお肌がなんかツルっ。昨日は3日目!なんか温泉の薬湯みたいで気持ちよい。髪を洗った感じもなんかよい。私もマサーヤンもすっかり気に入ってしまいました。

効果とか効能は、人によって出方も感じ方も違うだろうし、自然療法はすぐに劇的になにかが改善するというより、その人の体の治癒力を高めるもので、習慣にすることが大切なもの。なので、上の感想は私の感じ方です、あしからず。

でもとにかく水の注ぎとかですごい泡立つし、酵素が元気になっているのは確実。酵素シロップとか、天然酵母とかとおんなじで、酵素、微生物が元気になる状態にお風呂の温度が丁度よいんですね^_^ EMもあれやこれやで使っているし、発酵ものいろいろやってるし、常在菌大事にしてシャンプー石鹸界面活性剤の類は一切使わない、菌を大切に暮らす我が家なので、お風呂3日も水かえないでOKなことも、すんなり合点がいきます。(なんも入れない場合、通常は毎日水代えてます!念のため(^^;;)
このセイタカアワダチソウ風呂は、冬場は4.5日いけるみたいなので今日も楽しみます^_^



というわけで、こちら、大容量約100g一袋500円。どこにでもある植物ですが、秋に花が咲く前の蕾の状態で穂先の部分のみを刈り取り、からっからに乾燥させるので、タイミング逃さずこの量をとなると、なかなかの作業です。
嫌われ者ののセイタカアワダチソウ。この目の付け所、さすが!の“くさぼうぼう”さんは、熊野市の地域おこし協力隊。すてきな目の付け所満載のブログ『じかたびのたび』も、ご覧ください^ - ^
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/blog/4402/

まだまだ寒いけど、蕗の薹も出てきて自然界はすっかり春。大好きな蕗の薹味噌に。この苦味と香り、今の季節に体が欲して本当に美味しい。でも一年中食べたい味かといえばそうでもない。



春の山菜の独特の苦味は、冬の間に体に溜まった毒素を排出してくれるんだそうです。納得!
デトックスシーズンにセイタカアワダチソウもぜひお試しください^ ^




●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)
https://www.facebook.com/dorohotel.jp

●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
http://www.konohanado.net
・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
http://kumanojournal.jimdo.com/


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumanofurusat.jugem.jp/trackback/607
TRACKBACK