<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

KUMANO JOURNAL 10号 発行しています、あと設置場所が140か所を超えました。
 
ブログでの告知が遅れていましたが、4月下旬に発行しました!奥熊野発フリーペーパー「KUMANO JOURNAL」 今回で第10号目になります。
今回の特集では、伊勢と熊野という2つの聖地をつなぐ「熊野古道伊勢路」の一部で、海も山も楽しめちゃう波田須〜大吹峠道のコースを、リゾート熊野倶楽部の内門はるかさんと一緒に歩きました。
内門さんと歩いた1日は、いろいろと語り合ってとっても楽しかったです。
内門さん、ありがとうございました!!
   
●なんで伊勢路
   
なぜ今「伊勢路」なのかっていうと、それはやっぱり、今年の伊勢神宮式年遷宮。
  
伊勢と熊野という2つの聖地を、歩いてつなげる「道」なのです。
そして「伊勢路」の特徴としては、海がきれいなことと、なんといっても石畳の道のすばらしさ。
本州一雨が多い「尾鷲」を通る伊勢路は、紀伊長島以南の山中の道は、ほとんどが石畳道。
  
ぜひKUMANO JOURNALをチェックして、歩きに来てください!
     

●道がつなぐ不思議な縁
   
そして3ページ目で紹介させていただいた、東洋出版から先月末に発売された「歩く旅の本 伊勢から熊野まで」の著者・福元ひろこさんのインタビュー。(以下、ひろちゃん)
ひろちゃんとは、去年の夏に不思議なご縁で知り合い、ひろちゃんが伊勢路を取材のために歩いてきて、熊野市に到達した日に、赤倉でみんなでいろんなことを語り合う、という展開になったいきさつが、この本の中にもおもしろく描かれています。ブログでは、本にも出てくるMちゃんが書いています。(こちら

わたしも先日購入したところ、一気!!!!に読んでしまいました。
一人で笑ってしまったり、ウルルンと来たりしながら(笑)

私も数年前に、女一人で伊勢路を5日間歩いてみたことがあります。
ブログ 伊勢から歩く熊野古道伊勢路 もくじ
だから余計に、感情移入してしまいましたね〜
   
  
●写真師 松原豊さんの撮りおろし、今回もすてき。
   
平成の写真師 松原豊さんのグラフシリーズも今回もドーンと載っています。
脳に刻まれた、DNAに刻まれた記憶が呼び起こされるような写真。
要チェックです!   

●140か所になりました!
    
それから、設置協力場所が、142カ所(県外63カ所、県内79カ所)になりました!
ご協力いただいているみなさま、本当にありがとうございます。
  
設置協力場所リストはこちら


また、WEB上でダウンロードして読むこともできます。
  
WEBで読む!はこちら

ちょっと他の号のダウンロードの準備はまだできていなくて、なかなか作業が追い付かないこと申しわけないのですが、がんばります!? 
   

   
   
    
Hej hej    
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



[KUMANO JOURNAL設置協力店] 畑が見えるレストラン CULTIVATE(松阪)


お店で知り合ったお客様でお友達になったFちゃんに連れていってもらった、restaurant  CULTIVATE 松阪。
   

2階がギャラリーになっていて。
   

いろいろな作家さんの作品が並んでいて買い物もできる。いい光が入ってくる空間で、ワクワク気持ちいい。
  
 
地元や三重県内の食材にこだわってつくられる中華ベース創作料理の数々は、繊細な味付け。一口一口じっくり味わいました。お料理も空間もすてきすぎ・・・早くまた行きたい!Fちゃん連れてってくれてありがとう!!
   
ショップカードをいただきました。木花堂に置かせていただいています!左の紫の花は本当の押し花が縫い付けてあるんですよ。かわいすぎじゃぁないですかもう。
   
そんな素敵なCULTIVATEさんに、KUMANO JOURNALを置いていただけることになりました!もうすぐ発行する2013春号からお届けしますので、お近くのかた、ぜひ。
  
KUMANO JOURNALで写真を連載してくさっている写真師・松原豊さんがここでワークショップを開くなどのツナガリもありました。
  
近いうちまたお食事にうかがいます!
ありがとうございました。
  
  
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

   

KUMANO JOURNAL が『BEST GRAPHICS 03 FREE magazine』に掲載されました。


アルファ企画さんによる、全国のフリーマガジンのデザインを集めた『』BEST GRAPHICS 03』に、なんとなんと・・・・
   
KUMANO JOURNALを掲載・紹介いていただきました!!! 下の列の左右に、去年の2つの号の一部が載っています。
   

ページをめくると、全国のフリーマガジン・フリーペーパーがずらり。めくっているだけで楽しいし、参考になる。。。 私はもともとデザイナーとかじゃないのに、こんな素晴らしいデザインや企画モノの仲間に入れていただけるとは。いつもKUMANO JOURNALにご協力くださってるみなさん、本当にありがとうございます!!!
   
ただいま、記念すべき?10th issueとなる、2013春号を制作中!お楽しみにー!!!!
   



  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


[KUMANO JOURNAL] 設置協力場所が130か所になりました!

KUMANO JOURNALを置いていただけるところが、県内70ヵ所、県外60か所の、130か所になりました!現在、配布中の新しい号から置いていただけることになったのが、
     
 ●京都の隠れ家レストラン KAKI HOUSE さま
 ●鈴鹿市のヘアルーム プーロ さま
 ●松阪市のカフェレスト パーシモンさま
 ●松阪市のヘアサロン hair nishimuraさま
  
です。ありがとうございます!!
   
設置場所リストは、こちらのページをご覧ください。
    
KUMANO JOURNALがある場所   
   
   
   

    
   
-------------------------------------------------------------------------------------   
 ※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。

   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・

奥熊野発フリーペーパー KUMANO JOURNAL 9th issue 2013 冬号を発行しました♪


「奥熊野」への旅のきっかけとなることを目指して、2010年10月に創刊したフリーペーパーの第9号です。(詳しくは新しく開設した、KUMANO JOURNAL WEBサイトをご覧ください。) 今回から、さりげなく『Oku- KUMANO JOURNAL』というように、「Oku」をつけてプチ改名しています(^o^)丿
   
  
Oku- KUMANO JOURNAL』
9th 2013冬号 5,000部
WEBで読む!KUMANO JOURNAL・・・KUMANO JORUNAL WEB
 ※すべての号をWEBにまだupdateできていません、もうしばらくお待ちくださいm(__)m
   
設置協力場所一覧) 
    
※順次、設置協力場所に送付または配達するので、お届けまで時間がかかる場所もあることをご了承ください。2013年2月現在、県内70か所、県外60か所の、合計130か所に設置中。現在、順次配布中です。まだ届いていない場所もあるためご理解ください。

   
●今回の特集
   
昨年12月8日に宗教学者の植島啓司先生の講演会『聖地・熊野の不思議を語る』に出演させていただく機会があり、改めて奥熊野らしさというものについて考えました。奥熊野には、熊野の原点がある、と先生も仰っておられましたし、私もそう実感します。なので、今回はとても奥熊野らしい場所をPick upしてみました!
    
私自身も、ずっと行ってみたかった「まないたさま」、そして最近はだいぶ有名になった「花の窟神社」と「産田神社」。神社としての社殿や立派な建物ができる前からの、素朴な信仰の在り方を見ることができる神社です。そして、この3つの神社は「女性」に関係があります。私自身なぜか最近、何かにがんばっている素敵な女子と出会う機会が増えています。今回は、昨年12月に熊野市で美容院をOPENしたステキ女子の1人・山本ちはるさんと一緒に、これらの神社を訪れました!    
       

まないたさん
     
まないたさんのことは、また別途Blog記事に書きますね。ここ、すごいです・・・
   

花の窟神社
   
         
このほか、連載も7回目を迎えた写真師・松原豊さんのシリーズ「ムロウノクニ」、写真作家・Ricaさんの「くまのの休日」ほか奥熊野の話題が満載なので、ぜひぜひお手にとってみてください♪
     

↑ 製本作業をしながら、オムライスの出前をとりランチの図♪
        
製本が終わり、今日、各地に発送しました!設置協力してくださっている全国の皆様、ありがとうございます!熊野市・尾鷲市各地には、明日以降、順次お届けに参ります。        
     
次号は2013春号。3月発行予定。って、来月ですね(苦笑 そうなのです・・・インターバルが開き気味になって、詰まってきたのでここで一気に挽回!春の話題は3月にお届けしますよ!!
・・・成せば成る=3・・・^v^;
   
   
   
   
-------------------------------------------------------------------------------------   
※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。
   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
   
   
   

奥熊野発フリーペーパー KUMANO JOURNAL 8th issue 2012 秋号を発行しました♪


「奥熊野」への旅のきっかけとなることを目指して、2010年10月に創刊したフリーペーパーの第8号です。(詳しくは新しく開設した、KUMANO JOURNAL WEBサイトをご覧ください。) 上の写真は、女子会のごとく、製本作業をするの図☆
   
  
KUMANO JOURNAL』
8th 2012秋号 5,000部
WEBで読む!KUMANO JOURNAL・・・KUMANO JORUNAL WEB
 ※すべての号をWEBにまだupdateできていません、もうしばらくお待ちくださいm(__)m
   
設置協力場所一覧) 
    
※順次、設置協力場所に送付または配達するので、お届けまで時間がかかる場所もあることをご了承ください。2012年10月現在、県内70か所、県外60か所の、合計130か所に設置中。現在、順次配布中です。まだ届いていない場所もあるためご理解ください。

   
●今回の特集
いよいよ今月21日に三重県で先行上映される映画ROUTE42にちなんで、熊野にとって「命の道」である国道42号線が今回のテーマです。ROUTE42の瀬木直貴監督の巻頭インタビューでは、高速道路の全通を目前に控え、どんどんスピードアップしていく私たちの「時間」についてや、熊野を本質的に見つめた監督の「熊野考」をお聞きすることができました。ぜひご一読ください。
     
●今回の表紙
表紙写真は、20〜40代の熊野男子が結集した地域おこしグループ「BE-GLAD」から、同グループの発起人である谷川隆富さんをはじめ5名のかたに集まっていただき、国道42号線で、海をバックに撮影しました。

BE-GLADのTシャツをおそろいで来て、国道沿いに立っているので、たくさんの行き交う車が気がついてクラクションをならしていました。あ。威嚇じゃないですよ、あいさつ、あいさつ 笑。実はこれ、私が熊野に移住して驚いたことのひとつ。。。とにかくみーーーんな国道42号を通るもんだから、やたら知り合いに会うんです。だから、車同士でクラクションとか、窓から手を出して「おはよ〜」とか言うなり、挨拶しあう光景をよく見ます。初めて見たときは、すごい驚きました>゜))彡
人口の多い都市や住宅街では、知り合いに道路上とか、駅とか、とにかく外出先でで会うことなんてめったにないですから。。。
      
地元の人ほどそういうことが多いわけではないですが、今では私も、運転中、手をふって挨拶することがあります。国道42号線は、そういう場所でもあるんだなぁなんて、撮影をしながらホノボノ。。。改めて、「道」には歴史や文化だけでなく、ほんとうにたくさんの想いだとか人の交わりが、詰まっているなぁと思いました。「道」がなければ、交流も、文化の伝搬も、物流も、ないですからね。。。
   

↑ これも、国道42号線。熊野と尾鷲の間の、矢ノ川峠北です。(ちなみに私はここを3年間通勤していました。。。)険しい道ですが、この国道42号線が出来る前は、この上の方の山を走り、熊野と尾鷲が2時間45分かかっていたのです。ほんの50年前までは。(今は、35分で行けます。そして再来年の高速道路が開通したら20分だって。。ひえぇ)
    

↑国道42号線の厳しいカーブ(佐田坂)を下ってるときに、前方に見える絶景。
    

↑これも国道42号線。信号待ちの景色にさえ、癒されます。
         


瀬木監督、BE-GLADのみなさん、アンケートにお答えくださったみなさん、ご協力ありがとうございました☆
   
     
      
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/


奥熊野発フリーペーパー KUMANO JOURNAL 7th issue 2012 夏号を発行しました♪


「奥熊野」への旅のきっかけとなることを目指して、2010年10月に創刊したフリーペーパーの第7号です。(詳しくは新しく開設した、KUMANO JOURNAL WEBサイトをご覧ください。)
   
  
KUMANO JOURNAL』
7th 2012夏号 5,000部
WEBで読む!KUMANO JOURNAL・・・KUMANO JORUNAL WEB
 ※最新号は、WEBにまだupdateできていません、もうしばらくお待ちくださいm(__)m
   
設置協力場所一覧) 
    
※順次、設置協力場所に送付または配達するので、お届けまで時間がかかる場所もあることをご了承ください。

   
●今回の特集
     
 今回の特集は、オリンピックイヤーということで、楯ヶ崎!えーとつまりこういうことです。
  
 サッカー日本代表のエンブレム→ヤタガラス(熊野三山の神の使い・太陽の精)→神武天皇東征の説話(ヤタガラスが道案内をした)→その時の上陸地(太陽を背に熊野から)→楯ヶ崎(三重県熊野市)
  
 楯ヶ崎の岸壁は景観として見事。国指定の天然記念物に指定されています。車を降りて40分ほど歩くと見ることができます。そのハイキングルートは、豊かな自然林で、吉野熊野国立公園の特別保護地区に指定されています。さまざまな巨木や、植物が自生している、すばらしい森。その道を一緒に歩いたのは、熊野市内で絵画教室を運営する、坂口けい子さんと、カワイイなでしこ達!けい子さんの娘さんたちです。
 坂口さんと、娘さんたちには、楯ヶ崎に深い思い入れがあります。それは、ぜひ紙面でどうぞ!
 
 もちろん、連載していただいている、写真師・松原豊さんのgraph Seriesも今回5回目、ご期待ください。
  
   
●ちょっと進化しました、熊野旅MAP

 これまで、紀南地方(熊野市、御浜町、紀宝町)までのエリアだったのを、まんなかのページだけ縦にして、紀伊長島〜熊野三山までのエリアをカバーしました。これで、熊野古道伊勢路と熊野三山の位置関係も分かり、より実用的になりました。WEBのほうにも掲載し、ダウンロードもできるように準備しています。
   
●ちょっとずつ全国展開増殖中

前にお知らせしたように、渋谷パルコのOnly Free Paperに置いていただけるようになってから、各県の、さまざまな店舗や会社さんとのつながりが少しずつ増えてきました。
そのなかでもタイムリーなトピックを、いくつかご紹介します。 
     

<<<なないろ 安房暮らしの研究所にて 企画展「free paper」>>>
    
日本のものづくり、房総のまちづくりを応援する活動をしている「なないろ」さんが運営する「案房暮らしの研究所」のgallary 2×2にて、全国の都道府県から各1冊ずつフリーペーパーを集める企画展が開催されます。
KUMANO JOURNAL、三重県代表で選んでいただきました>゜))彡 ありがとうございます!
お近くのかた、ぜひぜひ足を運んでみてください。お店も素敵な感じです!9月いっぱいまで開催しているので、私も一度行きたいと企んでいます。
http://blog.nanairo.me/?day=20120724
   
gallery 2×2「002_free paper」
2012 年8 月3 日(金)〜9 月30 日(日)
〒295-0024千葉県南房総市千倉町平磯1301-1 
0470-40-3850
   

<<<日本ZINE!  〜紙FES in Himeji 2012〜>>>
  
兵庫県高砂市のカフェはま茶さんがメンバーになって企画している、日本中から小冊子(リトルプレス、フリーペーパーなど)を集めるイベントでも、参加させていただけることに>゜))彡 ありがとうございます!これも行きたいなぁ。。。
http://nayakobo.com/kamifes/
       
会場:

納屋工房コミュニティスペース
兵庫県姫路市本町68番地 大手前第一ビル4階(イーグレひめじ西隣・JR姫路駅より徒歩約10分)会期:
2012年8月31日(金)〜9月9日(日)13:00〜21:00


  

    
フリーペーパーを通して、いろんなとこでいろんなことしている方たちとつながれて、嬉しいです。見つけてくださって、ありがとうございます。そして、そのつながりを通してつながった方たちと、そのまた繋がりの方たちとが、熊野とつながる、、、そんな循環が生まれたら。
     
  
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/


[KUMANO JOURNAL] 次号の特集の取材へ・・・ & 設置協力場所リストまた更新♪ 110ヵ所になりました。


日曜日は、次号のKUMANO JOURNALの取材のため、朝から取材ウォーキングへ。木花堂の開店を12時に遅らせて張り紙をしていたのですが、ギリギリだったので、帰り道は私だけ走って帰ったら・・・汗ダク!!!台風が近づいていて湿気がすごかった。(取材同行してくださったかた、湿気ボン!の暑い中ありがとうございました!)
  
でもこの湿気で、この森はいつもにまして生き生き生き!してました。
   

   

  
この写真でどこかわかったかな?
     
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL、次号は7月中旬頃発行予定です。
  
それから、設置協力場所を更新しました。
自由が丘にある無添加のぷりんをつくる「ぷりんやさん」(美味しそう、ネットでも注文できるようです!)、兵庫県のカフェ「はま茶」さん(フリーペーパーを集めるイベントなども夏に企画しているそう♪)、そして山や焼き鳥で日頃からお世話になっている(笑)、「大吉尾鷲店コテージウッドペック」さん、新宮の「ビーズ教室パプリカ」さんなどの4か所が増えて、110ヵ所になりました。
 
ありがとうございます!
  
設置協力場所リストは、KUMANO JOURNAL WEBのこちらのページを。
   
  
台風が近づいています。
先週の大雨でも、奥熊野では道路崩落が何箇所かでありました。十津川の玉置口などは通れなくなっています。昨年の台風12号による地面下での影響や、川床が上がっているということで、例年よりも崩れやすい・溢れやすい状況があり、各地で警戒しています。
  
   
  
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと、熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


     

【KUMANO JOURNAL】 5/26 設置協力場所・店舗リスト 更新しました♪         ・・・ついにKUMANO JOURNALの設置協力場所が100か所超え!

  熊野ふるさと倶楽部 発 フリーペーパー
  『KUMANO JOURNAL』
  設置協力場所・店舗リスト (順不同)

 『KUMANO JOURNAL』の設置協力場所が、おかげさまで合計106カ所(県外44カ所、県内62カ所)になりました!
 設置のご協力をいただいている店舗・施設様、そして設置募集にご協力くださっている方々、誠にありがとうございます。
 
 ※数に限りがあり、在庫が残っていない場合もあるのでご了承ください。その場合は、
KUMANO JOURNALホームページよりダウンロードいただくか、返信用切手を送付いただければ郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせください。(今後継続して設置してくださる場所については、当方で送料負担させていただきます。)
  
KUMANO JOURNAL 制作チーム 連絡先
 メール:kumano-furusato@live.jp (@を半角に変えて送信してください。)
   
      
 今回は、和歌山県の飛び地だけど熊野市のおとなり嶋津の、「自称 日本一小さな観光協会・嶋津観光協会」さんが、和歌山県側の店舗・施設など幅広く声をかけてくださり、ご協力店が増えました。今まで、なかなかアプローチできずにいた大きな店舗や宿泊施設まで。。。ありがたいことです。また、熊野出身の方、または熊野にルーツがあり、昨年の災害に関してもボランティア活動にご尽力くださっている大阪の方など、直接お問い合わせをいただき、ご自身で経営されている店舗や病院に設置してくださることになりました。
             
 郵便局については、三重県職員M氏がお知り合いを通じて声をかけ、設置可能な局にアポをとってくださいました。結果、松阪、大宮、熊野、尾鷲、鵜殿、の5局に設置させていただいております。
  
 また、前々から気になっていた、渋谷PARCOにできた、全国のフリーペーパーを集めたお店「Only Free Paper」さんにも置いていただけることになりました!ここ、すごくおもしろそう。実家に帰ったときにでも行ってみよう。(「渋谷のフリーペーパー専門店 only free paperが面白すぎる件について」
  
 このほかにも、KUMANO JOURNALをお手にとっていただけるところが増えましたので、ぜひホームページをチェックしてください。   

ここにいけば、『KUMANO JOURNAL』 があります!
設置協力場所リストはこちら(KUMANO JOURNAL WEBサイト)をクリックしてください。
  
  ・・・だんだんと紀伊半島内でも置いてくださっているところが増えつつあるので、設置協力場所が一目で分かるような地図をWEBにつくりたいなぁともくろみ中です♪
    
   
 
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/


  
   
 

奥熊野発フリーペーパー KUMANO JOURNAL 6th issue 2012 春号を発行しました♪ WEBサイトも開設。


 「奥熊野」への旅のきっかけとなることを目指して、2010年10月に創刊したフリーペーパーの第6号です。NPO法人熊野ふるさと倶楽部としての発行の最終号で、次号からは木花堂からの発行となります。(詳しくは新しく開設した、KUMANO JOURNAL WEBサイトをご覧ください。)
   
  
KUMANO JOURNAL』
6th 2012春号 5,000部

  
 今回の特集は、和歌山県の飛び地、嶋津の「(自称)日本一小さな観光協会」です!日本有数の棚田、丸山千枚田などでも紹介している熊野市紀和町から、橋ひとつわたった、目と鼻の先にある集落なのに、和歌山県の飛び地で行政地区が異なり、三重県や熊野市のひとたちにはまだまだ知られいない地域。
 珍しい生態系の森や、絶景ポイントがあって、Uターンで里帰りしてきた方がおもしろい陶人形工房をやっていて、小さな観光協会を作ってこの土地のPRをしている・・・もう、おもしろいポイントがいっぱいなのですが、川ひとつ隔てた熊野市では、本当に知っている方は少ないのです。恥ずかしながら、熊野に移住して8年が経つけれどもいまだに観光・旅人気分であちこち行っている私も、今回の取材がきっかけで、初めて「嶋津」に行きましたが、とってもいいところ。お気に入りは、「とってもきれいな気持ちいい水たまり」・・・かな♪(記事をご覧ください♪) 近々、コーヒーセットを持って、遊びにいきたいとたくらんでいます★
 同じ「熊野」なのに、行政区域がちがうことで、なかなか情報が行き来しないという状況がありましたが、嶋津のことを知ったのは、Facebookのおかげでした。そこで今回のKUMANO JOURNALは、県の境を越えて、熊野の一つのムラである嶋津のこと、そして嶋津を発信する観光協会の会長をはじめ、平社員のみなさま(笑)のことを紹介させていただいています、ぜひご一読ください♪
  
さて先日、できあがったフリーペーパーを届けに、嶋津観光協会へ行ってきました。
会長と副会長が直々にお出迎えくださり、感激!!
  

会長の銀次郎さん(右)、副会長のガチャ子さん(左)
   
そして・・・平社員の平野夫妻、ありがとうございました!! 
  
  
 O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。。.。○ O ○ 。  
奥熊野への旅のキッカケに、熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・
.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。.。○ O ○ 。    
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  
http://www.konohana-do.com/