<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

尾鷲ヒノキのころころマッサージボールであちこちころころ


木花堂の静かな人気商品・・・ 尾鷲ヒノキの間伐材でできた、マッサージボール。ゴルフボール大の、まんまるい木のボールです。もともと使い方自由で、入浴木としてもどうぞってかんじで売られている商品なのですが、木花堂的にはマッサージ用にいちおしなのですっ。
   
これで足裏をころころぐりぐりすると、足つぼがほどよく刺激されて、疲れがよくとれるんですよ〜 ゴルフボールで同じことをしている人もいるようですが、尾鷲ヒノキの豊富な樹脂が持つ抗菌作用もあるので、気持ちよく使えます。
   
もちろん、手のひらで、太ももや肩を、パートナーや家族、友達同士で背中をころころするのも気持ちいい!
   
しばし品切れになっていましたが、再入荷です☆
オンラインでもお買い求めいただけます。
  
   
木花堂オンラインショップ
   
尾鷲ヒノキのころころマッサージボール

   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
   

[住] 木花堂に、電気を使わない、新しい冷蔵庫(?)が。その正体は・・・桶。

じゃじゃじゃーん。
  
木花堂にやってきた、新しい冷蔵庫・・・ 足つきの桶です!
   
開店から2年使ってきた中古の冷蔵庫、2回修理して使ってきたのですがついに先日、完全に壊れました。新しい冷蔵庫を買うのもなぁ・・・と考え込んでいたところ、先日仕入れに伺った桶濱さんのところで、これに出会いました。
   
スタンド式洗い桶として、昔は家の玄関の近くに、竹で山水を引っ張ってきて、顔を洗ったり、足を洗ったりしたそうです。濱次さんの近所にも普通にみな使っていたらしいですよ。
  
桶を構成している板が3枚、長くのびているという構造。だからこのように足が少しすぼまっているのですが、安定感はバッチリ。昔からあるものなのだけど、なんだかとてもスタイリッシュに見える。カッコイイ!!
   

こんな風に、水と氷を入れてジュースを冷やしているのですが、昨日のお客様に、「温度はどうですか?」と聞いたら、「冷たすぎなくて、すっごくちょうどいい!」と仰ってました。ヨカッタ〜 
   
熊野市にしかない柑橘、にがうま「新姫ドリンク」と、ミカン4個分が入っている贅沢な「くまのそだち」を冷やしています。ぜひご賞味ください。
   
  
   
さて、桶といえば・・・
コラムを書かせていただいている、ふーどら10号が発売されました。
今回は、桶濱さんの「おひつ」を紹介させていただきました。各地で販売中、木花堂でももちろん販売しておりますので、ぜひお手にとってみてください。 ふーどら HP
    
   
   
     
     
木花堂オンラインショップ
   
熊野杉のおひつ、桶


  
   
Hej hej
   
    
     
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 
本宮方面へ仕入れへ。桶、ポン菓子、ナギの葉アクセサリーなど。


昨日は本宮方面へ仕入れにでかけていました。おひつも品切れていて、ご予約もあるので、GW前になんとしても・・・と車を走らせ。天気も良かったので、ドライブ気分で野中の桶濱さんに到着。
   

桶一筋60年の松本濱次さんと話していると、なんだかアイデアが止まらず、楽しすぎてついつい話し込んでしまうのです。上の写真は、今回から試験的に販売する、・・・といっても、在庫2個からのスタートなので早い者勝ちですが(笑)、一膳サイズのおひつ。
おひつはご飯の水分を適度に吸ってくれるので、炊き立てのご飯をおひつに移していただいたら、その味さの違いに、うまみ度UPに、驚くと思います。こちらは、一膳ずつ飯椀として使ってもいいし、一膳だけけ、たとえば翌朝の朝食用の保存に使ってもいいですね。1人や、2人暮らしの方にぴったりなサイズかも。
  
なぜ試験販売なのかというと、この小さいおひつを作るのは、大きいおひつを作るのと同じ、いやむしろそれ以上に手間がかかるものだからです。かといって、大きいおひつと同じ値段で売るわけにはいかないし・・・ 、という値段設定が難しい商品。
  
濱次さんとも相談して、一応値段を決めたのですが、お客さんのご意見も聞いてみようということになりました。
  
ぜひぜひ店頭でお手に取ってみてくださいね!
   

こちらは味噌樽としてつくったものが、花器として玄関に飾られていました。あまりに素敵なので写真をとらせていただきました。
   
そして今回、商品ではないですが、お店の備品として、すばらしい「桶製品」を入手しちゃいました!!!でも~。これついてはまた後日♪
   

桶濱さんを後にして、道の駅ほんぐうにて、み熊野ネットさんとお会いしてナギの葉アクセサリーと、ナギのお守りを納品いただき、その後田口農園さんにうかがって、品切れとなっていたポン菓子を入手。
   
そうそう。それらの前に、ランチは、熊野本宮大社の目の前にあるB&Bカフェほんぐうでいただきました。こちらはカフェ&レストラン、そして看板のとおりB&B(朝食と宿泊)も営んでおられ、さらにオーナーはカヤックガイドとして、また語り部・登山ガイドとして、熊野の山・川をガイドしていらっしゃいます。(くまのエクスペリエンス

オーナーさんとお話しできて、いろいろ新しい情報とか考えをいただけました!!ほんとうに、県の境目関係なく、熊野でつながって楽しみつつ仕事していけたらいいなぁと思います。ありがとうございました!
  
あ~なんか年度末のバタバタが終わって、ちょっと仕入れ旅できて、実り多く気持ちいい1日だったです。
     
     
木花堂オンラインショップ
   
熊野杉のおひつ、桶

  
   
  
   

   
  ●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
   
   
   

[住] 熊野出身の陶芸作家・玉置りさ さんの器やアクセサリーの仲間が増えました。


年始に新宮で開催された陶器展が記憶にあたらしい、玉置りささんですが、急きょこちらに帰省された際に、いろいろと新しい作品をお持ちいただきましたよー ぜひチェックしにいらしてください。
上部が反り返っているのでとっても持ちやすい、カップ。質感がなんともタマラナイ。
   

クリムト的な
   

箸置きも。
    

ピアス、リング、そしてピンキーリングは小指にしてもかわゆい。(右下)
    
   
初夏には、熊野市内の紀南ツアーデザインセンターで、展示会を開催するそうなので、とても楽しみです!    
   
    

  
-------------------------------------------------------------------------------------   
※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。
   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・

[住] 熊野印のスタンプ第1弾 ☆ The messenger of KUMANO diety ヤタガラスのスタンプ


ちょこっと前から店頭で販売を開始していました。熊野の神様の使いで、三本脚の烏・ヤタガラスのミニスタンプ、好評です♪ これは、自分自身が欲しくて、消しゴムハンコで自作したのを使っていたのですが、商品にするためにハンコ屋さんにお願いして作っていただきました。
       
お手紙にPON♪
   
書類にPON♪ (書類による 笑)
  
名刺にPON♪
   
←これはシールにPON♪したもの。
    
《ヤタガラスは、日本創世記、熊野に上陸した神武天皇を道案内し、勝利に導いたという伝説が日本神話で伝わる、熊野の精霊。》
   
勝利や、正しい道に導いてくれる熊野の神様の使い・ヤタガラスのシンボルは、日本サッカー代表のユニフォームエンブレムにもなっています。
   
気軽に使って、熊野のヤタガラスを身近に感じてください!(1個 550yen)
   
         
       
ホームページからも購入できます。
   
  
木花堂ONLINE SHOP>熊野印のスタンプ
  
   
  

   
        
    
  
  
-------------------------------------------------------------------------------------   
 ※旧木花堂のブログはこちらです。現在、整理統合作業中ですが、
 最新記事はこちらにupされますのでブックマークURLの変更をお願いします。

   
     
Hej hej       
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
  
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
 ・・・奥熊野への旅のキッカケに、
    熊野古道歩きと熊野そのものをさらに深くおもしろく・・・


そめやなないろさんの、藍染や柿渋染のハギレの量り売り始めました。


 市木木綿の量り売りは、始めて以来、パッチワークや手芸をするかた以外にも、リボンに使う、プレゼント包装に使う、可愛いから手元に置いておく、など色々柄を選べるのも楽しそうで好評いただいています。
 そして今日から、昔ながらの本藍染にこだわって衣服や手ぬぐい、雑貨などを制作されている、藍染工房そめやなないろさんから、本藍染のハギレたちを分けていただけることになり、量り売りを始めました。一枚一枚、微妙な色合いや風合いの違いもあるし、やっぱり本藍染ならではの深みのある色合い。これまた愛おしいハギレたちです。こちらも市木木綿のハギレ同様、10g/30円です。
   
    
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/     
   

[住] 家具工房kigumiさんの時計シリーズに、どんぐり・・・


 飛鳥町のきれいな川のほとりに工房をかまえる家具工房kigumiさんの、時計シリーズに、どんぐり時計が加わりました★ ・・・かーわーいーい〜。秒針もどんぐりになっています。(本物のどんぐりではなく、木でつくられたどんぐりのオブジェです。)白い部分は楢、茶色い部分はウォールナット。
 
 丸いシンプルな時計も、秒針はどんぐり。どんぐりが、チッチッチッと時を刻んで回るのに癒されます。
   

 こんなかんじで、kigumiさんの家具類も少し展示販売させていただいています。その他、積み木や名刺ケース、木の食器類など、どれも木のぬくもりや、木目が活かされて、使う人のことを考えたやさしい仕上がり・・・ ぜひ店頭で実際に触れてみてください♪
      
 現在準備中の、オンラインショップでは、作家さんたちのプロフィール紹介とともに、一部インターネットでもご購入いただけるよう、作家さんごとのページを作成中です。お楽しみに〜!
    
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


[住] 尾鷲ひのきのグッズが仲間入り♪


 木花堂では尾鷲ヒノキのグッズをわりといろいろ取り揃えております。まずはこちら(↑) 「尾鷲ヒノキのへむへむ」。 「へむへむ」というのは掴んだ感触がなんだか、「へむへむ」だからだそうです(笑 作っているのは、尾鷲市のNPO法人海虹路さん。一番の定番は、真ん中のもので、食器洗いやお風呂掃除や、体洗いのタワシとしてすばらしい威力を発揮します。
     
 尾鷲ヒノキというのは、尾鷲から一部熊野エリアの海岸沿いの森で育てたヒノキのこと。尾鷲一体は、本州で最も雨が降る地域ですが、(年間4000mm!屋久島は5000mmだそう。アマゾンは2500mmで意外と少ない。でも日本の平均は1900mmですから。) そのために、山の養分が流れやすく、ヒノキは過酷な条件下で成長するため、年輪が密で(ゆっくり成長)、樹脂分(赤身)が豊富になるんです。
 その豊富な樹脂分のおかげで、抗菌作用が高く、さらにタワシとしては油を吸着するので、たとえばカレーのお皿なんかも洗剤ナシで綺麗になります。同じく洗剤ナシで使うエコ派御用達のアクリルタワシのように、べとっとタワシにこびりつかず、サラっと流れてくれるんです♪
 
 さて。最近増えた尾鷲ヒノキグッズは、尾鷲の女性木工作家hinokkuこと「えびすや」さんの、暮らしの道具類&尾鷲ヒノキToysです。
  

尾鷲ヒノキの間伐材と端材だけを使うモノづくりが、hinokku/えびすやさんのコンセプト。住宅用の柱にするために円い木を四角く切り出したあとの、残りとか・・・ 木を無駄にせず、暮らしの道具につかっていきたい、という女性らしい想いが表れた製品づくり。スプーン650円〜 みそへら450円 etc。
  
   

木ろっこ 850円。うむーかわいい。丁寧に手でみがいて仕上げているので手触りもよく、子どもさんにも安心。大人でもころころしていると癒されてしまうおもちゃです。香りもよい〜。近々3個セットの箱入りversionや、木ぼっくりなども入荷予定です♪
    
このほかにも、尾鷲ヒノキFSC材(環境に十分配慮された森で育った木にだけ与えられる国際認証)で作られた、まな板や、バインダー&ペーパーウエイトなどの文房具なども取り扱っていますが、その紹介はまたこんど・・・
  
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

[住] 市木木綿ファブリックフレーム新図柄が入荷です


 家具工房kigumiさんとsalt graphicデザイナー・塩崎さんのコラボによる、市木木綿ファブリックフレームの新しい柄を追加で入荷しています。フレームは家具職人による手作り。そして市木木綿の小片でデザインしています。縦糸と横糸のはしっこの風合いもデザインに利用したり、よくよくみるとかなり手が込んでいます。定番のものに加えて、「夕暮れレインボウ」や「花びらはらはら」など新しい図柄も加わりました。 ぜひ店頭でご覧下さい♪ (市木木綿についてはこちら

   
Hej hej    
  
  
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/