<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

«入荷情報»市木もめん小物がいろいろと仲間入り&最近の畑のこと・発酵もののこと。

先日もご紹介しました、佑天(うゆんて)さんの市木もめん香り袋
和のお香“おもてなし”(540yen)に加えて、自家栽培ラベンダーの香り(450yen)も仲間入りです♪いろんなカタチや柄があって、楽しいですよー!この季節、防虫・リラックスに。贈り物に忍ばせるのも素敵かと。
香りの調合は、佑天さん。そして袋の制作は、妹さんであるChippyさんで、姉妹コラボ作品なのです。そしてChippyさんがつくる市木もめんのがま口(1080yen)やシュシュ(750yen)も入荷しています!
個人的にもめっちゃ心待ちにしているのが、右上に写っている、市木もめんのクルミボタンピアス!これが、めっちゃ可愛くて。入荷を楽しみにしています。

さて、“佑天(うゆんて)”さんは、熊野発のICA認定クレイセラピストで、ハーブコーディネーター。天然素材100%のアロマグッズを手作りしているほか、クレイを使った手作りコスメや石鹸などのワークショップを、熊野各地のイベント等で開いて活躍中の、2児の母!
そして今月5月30日に、佑天さん主催で『みはまるしぇ in 尾呂志』が開催されます。奥熊野エリア(熊野のなかでも本宮から東っかわ。三重県熊野市、御浜町、紀宝町あたり)では、業者さんとかが勢ぞろいするような行政主導のイベントは多いのですが、趣味のかたからプロのかたまで、手作りクラフトやワークショップ等、気軽に参加できるイベントが少ないです。そこで、本宮エリアで若いお母さんたちが中心になって開催されている『イコラポカラ』をモデルに、子育て中のお母さんや、手作り趣味の若い人から生業としてのプロのかたまで、気軽に参加できるイベントをつくりたいと、佑天さんが発起したもの。
木花堂的に、このコンセプトにめっちゃ共感しております!
第1回目ですが、魅力的な出店者さんが続々増えており、楽しいイベントになること間違いなし!

詳しくは、フェイスブックページをご覧ください☆
https://www.facebook.com/mihamarusye?fref=ts
ちなみに、木花堂は今回は出店しないのですが…(+v+) いつかきっと出店させてもらいたいです☆
ここでひっそり?ご報告…
私、木花堂 咲恵が妊娠9か月に入ってます。天気が良いと暑いこの頃なので、あまり無理もできず。静かな須野町の木花堂で、いつものとおりお客様をお待ちしております(・u・)
木花堂は、尾鷲熊野道路の賀田ICを下りてから15分ほど。イベントとハシゴでぜひお越しください(笑)
  
さて、暮らしの方はといいますと、しばらくお天気が続いていたので、田舎暮らしはここぞ!とやることが何かと多く!自然栽培(不耕起栽培)の畑もいろいろ茂ってきました。

収穫できた、コマツナ☆虫食いだらけで色も薄いのに、味がめっちゃ濃くて感動しました。肥料とか一切あげていないのに。収穫量は少なくても、大地のエネルギーをハングリーに蓄えて育つ、自然栽培の味だなぁと思いました。

手前はナスやトマト&バジルエリア。奥はキュウリやカボチャエリア。

枝豆の芽。夏はやっぱ枝豆!(わたしは今はビール飲めないので、自家製酵素ジュースを無糖炭酸で割ってスカっとしています 笑)

勝手に生えてくるフキもしばらく食べごろが続きます〜
フキは葉酸も多く妊婦にはよい食材のようで!
スナップエンドウ。大きくなる前に鳥に食べられるのが悩み^_^;
ほかにジャガイモ、とうもろこし、ゴーヤ、ラディッシュ、ソラマメ、その他ハーブ類…などなどを育てています。お猿にやられませんように。。。

そしてこの季節、悩まされる虫刺され… には、このユキノシタが力を発揮してくれます。

裏側は綺麗なピンク。洗ってから揉んで、出てくる汁を刺され跡に塗るだけ。かゆみが収まり、治りが早い!これと、EM原液を水で薄めた我が家の万能スプレー(じめじめ時期の匂いや、カビ対策にも、めっちゃ効果あり。)を肌にかけて、終了。ユキノシタは解熱にも効果がある自然療法では知られた存在ですが、これが家の敷地に生えていることが本当にありがたいです。
さらに、発酵ものをいろいろ仕込んでいます。
 
(左)紀北町の河村こうじ屋さんの麹で。塩こうじ。これ、もうなくてはならない調味料になりました。どんどん継ぎ足しで、我が家の塩こうじに育てていきたいです☆ 甘味料の代わりにする甘麹は、うちには炊飯ジャーがないので、保温ポットでつくるやり方を研究中です。
(右)どくだみ酵素ジュース。めちゃ元気で、割とすぐに発酵始まりました。(去年の残りを少し入れました)これは去年もつくりましたが、炭酸で割ると、「めっちゃ体によさそうなコーラ」みたいになるのです(笑)
 
あと、これも人に教えてもらってナイスアイデア!と取り入れてみた、たまねぎ酵素を仕込中。たまねぎって、じっくり炒めたり煮ると甘みが出て、ダシもみりんもいらないくらいになるから料理に取り入れていたけれど、たまねぎ酵素シロップも甘味に使いやいとのこと。なるほどー!たとえば胡麻和えとか、火を入れない甘味にも使えるわけですね。
最初、玉ねぎだけだと発酵がいまいちだったので、ネットで調べてリンゴを少し入れてみました。すると元気に発酵始まり、かき混ぜたあとはこんなぶくぶくに。笑 
たまに、「ベジですか?」と聞かれるのですが、そういうわけではないです。刺身、ジビエとか大好き。
発酵レパートリーをふやしてとにかく毎日何か発酵モノを体に入れ、マクロビレシピを研究しつつやっぱり玄米率が高いけど、ときどき白米食べたり、パスタ食べたり、お魚やお肉、卵やチーズ食べたり、とそんなかんじです。あまり何かのカテゴリに縛られず、自分たちの腸と相談してやっていきたいなぁと思います。

とこんなかんじで日々を過ごしつつ、夕方はKUMANO JOURNALの制作もがんばってます^_^; 発行が遅れていて申し訳ありません。また、夕方になるとマサーヤンは、須野町の大昔に田んぼだったところを、少しずつ田んぼに戻すために山に入っていきます。
そのことについての近況は、近日彼のブログにて書かれる予定☆





●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/






 
[入荷情報] “家具工房kigumi”新作フレーム、“佑天”市木もめんの香り袋、“石本果樹園”kumatengコラボジュースシリーズ、“ささのうち農園”生しぼりみかんじゅーす いろとりどり☆

今日はすっっきり晴れましたね!GWということで須野の木花堂にも多くのお客様に足を運んでいただき、今日でGWのOPEN4日目です。ありがとうございます!明日6日もOPENしております、ドライブがてら、ぜひ遊びにいらしてください〜
さて、GW前後に入荷された品々をご紹介します。
  
●家具工房kigumi フォトフレーム
  
上の写真は、おなじみ、家具工房kigumiさんから新作フォトフレーム。さすがの仕上がり。高級感があります。これはウォールナッツの木。

四隅は色の違う木の細い臍(ホゾ)が組まれています。

フレーム内は大体A5サイズくらい。写真でいえば2Lくらい。(2,200yen)
大きいサイズもあったのですが、ブログにアップする前に在庫がなくなってしまいました。また入荷したらお知らせします!
明日は節句ですね☆ 木のコイノボリも2種、並んでますー!
  
●クレイと香りのお店 “佑天 〜uyunte〜”さん から市木もめんの香り袋
   

“佑天(うゆんて)”さんは、熊野発のICA認定クレイセラピストで、ハーブコーディネーター。天然素材100%のアロマグッズを手作りしているほか、クレイを使った手作りコスメや石鹸などのワークショップを、熊野各地のイベント等で開いて活躍中の、2児の母!
まず第1品目として、熊野のテキスタイル「市木もめん」のかわいらしい袋の中に自ら調合した「和のお香〜おもてなし〜」を閉じ込めた、香り袋が届きました!

龍脳という、樟脳に似ているけどさらに優しい香りのするお香をメインに、9種(龍脳、白檀、丁字、桂皮、大茴香、山奈、かっ香、甘松、栂)をブレンドし、和の香りだけど「ド和風」じゃない、さわやかな香りになっていて、さらに防虫効果が良いとのこと!
タンスに入れたり、バッグにしのばせたり、お手紙に同封したり…ぜひ香ってみていただきたいです。(500yen)
  
●石本果樹園×kumateng コラボジュース シリーズ

品切れになっていたシリーズ4種が復活しました☆ こうして並べると圧巻〜。kumatengオリジナル缶バッジ(380yen)も同じスペースに♪

すべて180ml、左から、
◎超完熟デコポン(480yen…高級です!が、飲んでみたくなるのが人のココロ…?高級果実デコポンを生しぼりした、採算度外視の(?)石本果樹園の男気あふれる品です。)
◎マイヤーレモン(380yen…これもマイヤーレモンがなんと4個分入っているそう。マイヤーレモンはミカンとレモンのかけあわせ品種で、まろやかですっぱい。けど、やっぱりレモン!酸っぱさにチャレンジ!or料理にも。)
◎完熟みかん(280yen…ほっとする、甘い甘い温州ミカンのジュース)
◎甘夏みかん(280yen…さわやかな、甘夏みかんのジュース)
  
ご希望の方には、須野の山水で冷やしますので店内で飲んでいただけます♪

石本果樹園みかん直売屋→http://isimotokajuen.com/
奥熊野ガイドコミュニティkumateng→http://www.kumateng.com/

●ささのうち農園 生しぼりみかんジュース

好評につき売り切れになっていましたが、本日入荷しました!
甘いけれどさっぱり、カド一切なし!なのでお子様もぐびぐび飲めますよー。(850yen)

●藍染工房そめやなないろ 草木染スカーフ 初夏カラ―♪

おなじみのシルクの草木染スカーフ、春から初夏の色が入荷しています。グラデーションもきれい。1枚で、どの色を前に出すかで印象が変わるので、何通りにも楽しめるスカーフです。(4,320yen)

もちろん本藍染商品も並んでいますー。これからの汗ばむ季節には、菌が生きている本藍染のてぬぐいやハンカチはとても重宝します。安価な藍染商品の多くは、残念ながらケミカルな材料を使って染められています。本物の(天然灰汁発酵建て)本藍染、使ってみていただくと、違いがわかります☆
  
  
 
●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


 
【入荷情報】 kigumiさんの木のコイノボリ & 尾鷲の民話絵本「山の神とオコゼ」

今年も☆ かざっています。
家具工房kigumiさんの木のコイノボリ!
シンプルなのにすごい可愛い。
木の色合いの違いでつくられた目玉がキョロキョロ。
雨や曇りの日々が続いていますが、端午の節句ももう間近。
木のコイノボリ、ぜひ店頭でご覧ください♪
(4,300yen)
  

そして、尾鷲の民話の絵本が入荷しています!
「山の神とオコゼ」
山の神信仰は熊野ではとても盛ん。
小さな集落ごとに山の神は、さまざまなカタチで祀られており、
女神であることから、その祭事には女性は参加できなかったり、
立ち入りさえも今なお控えられている山の神も多いです。
なかでも、尾鷲の山の神の祭事はこのへんではけっこう有名。
男の人たちが集まって、山の神の目の前で、
「わっはっはっはっ」と大笑いする…というのが祭礼なんです(笑
その理由が、この絵本を読むとわかりますよ〜
つくっているのは、尾鷲市のボランティアグループ「へのへのもへ座」さん。紙芝居や読み聞かせで、地元の民話や伝承を残していく活動をしています。

絵は、代表の峪口さんが描いたもの。暖かい色づかいで、なんだか民話に出てくるこのへんの地がイメージできる…すてきです!
店頭で読んでいただくことも可能ですよ〜
あ、それと尾鷲弁で書かれているのもおもしろい!(1,500yen)
   
先日掲載した、ここ、木花堂の裏の畑で区長の濱田さんがつくっている有機甘夏、オンラインショップでの販売のほか、店頭でも量り売りしております。
  
こないだ、濱田さんのお友達家族が収穫体験にきていました。こどもたち、木に登ったりしてすっごく楽しそうに収穫していました。それを見て…木花堂に土日にいらっしゃるかたも、もしよかったら…楽しい!思いをしてもらいたいなぁと。
  
☆収穫してみたい方は、収穫してもらって量り売りいたします☆
営業日にご来店のお客様、ご希望のかたはお申し出ください〜♪
 
  
  
さて、暮らしのほうはといいますと…
3月からは、どんどんどんどん、たくさんの恵みが次から次へと大地から海から芽吹いていく、その変化を感じては喜び、食べては喜び…の日々でした。
 
須野マルシェの翌日は、寝ている部屋から見える海の様子がなんかおかしい…海に泡が立って、鳥たちがせわしく飛び回っているのをマサーヤン発見。これが聞いていた早春の、イワシ追いブリ祭り?!(ブリがイワシを追って、波打ち際まで来て、イワシが岸に打ちあがる。ブリも岸から釣れる!)…と、急いで海へ。するとブリはもういなくなっていましたが、イワシが岩と岩の間のタイドプールにたくさん打ちあがっていました!
いそいで網を取りにいき、イワシすくい。50匹くらい獲れたので、半分は干物にして、半分はガーリック&オイル煮にしました。おいしかったです!どうやらブリ(ワラサだった)はまた夕方に戻ってきたらしく、ご近所さんが釣ったおすそわけを夕飯にいただくことができました。家の目の前の海ですが…須野の海、豊かです(TvT)
 
散歩フォト。炊きつけに必要な杉柴… コケは瑞々しい色で光ってます。
 
3月からいろいろ植えてます。自然農法でやってみよう!と、
(↓)こちらの本を参考に…
どうもこの本によると、敷地内の甘夏畑の開いたスペースは、自然農法にとっても適した土のようで、その目印として、ハコベ、(写真上右)やナズナなどの草がたくさん生えています。スペースによっても違うので、それに合った野菜を、相性のいいもの同士だとかを考えながら、コマツナ、エンドウマメ、ソラマメ、トマト、ナス、ジャガイモ…etc おいしく育つのが楽しみ!
詳しくはマサーヤンブログをどうぞ。
…あ、左に写っているのは本文と関係ない、ふき味噌です(゜レ゜)
私はといえば、そんななかで、敷地内や集落内で暇をみつけては山菜取り。フキノトウから始まり、ツワブキの若芽、フキ、ユキノシタ…いろいろ楽しませてもらいました。でも、なかでも気になるのが、ハコベ!!!
今回ハコベのことを調べてみたら、その効能の良さと、栄養価の高さに驚きました。春の七草のハコベラ=ハコベなのですが、お浸しにするとシャキシャキしていてとっても美味!パスタにも和えたり、普通の野菜のように使えるんです。
そして花の咲く時期に全草を刈り取って天日干しにしたら、お茶として保存できるし、昔からハコベ塩という歯磨き粉になるのだそうです。私はもう何年も歯磨き粉を使っていませんが、ときどき油っぽいものを食べたときだとか、少し歯茎が腫れてるな?っていうときに、良いかもしれませんので、ハコベ塩、作ってみたいと思っています☆ あと、天気を見計らっては、干して、乾燥させています。まだ、お茶としての味見はしていません。どんな味なんだろ?

   
ハコベの効能について詳しいページ




オンラインショップページ
【注文後収穫♪】 奥熊野 須野産 有機栽培・樹上完熟のあまなつ(甘夏) (農薬・除草剤不使用) 1kg〜 量り売り
http://konohando.shop2.makeshop.jp/…/000…/009/X/page1/order/
 



 ●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/


    


 
[入荷情報] 樹上完熟の八朔&家具工房kigumiさんの木の小物&市木木綿のお雛様 etc

ブログの更新がなかなか滞ってしまうこの頃・・・(汗
その間にも、いろいろと入荷しております。
奥熊野の海沿いの小さな箱庭の集落・須野町に木花堂はありますが、その敷地内で区長の濱田さんが育てている八朔、今年も収穫しています♪
まだブログへのUPが遅くなってしまったのですが、
まだ少しあります。
ふつう八朔は、収穫してから1、2か月寝かせて酸味を抜いて出荷するらしいのですが、この濱田さんの八朔は、大きいのに甘くて、ほろ苦さも、ちゃんとした栄養として残っています。
須野の海風を浴びて、樹上完熟させた、もちろん農薬不使用の八朔、おいしいです!

先日は皮もたっぷり入れたジャムを甜菜糖で作りました☆

ご注文は、オンラインショップからどうぞ☆  

木花堂 オンラインショップ 八朔ページ


そして。
家具工房kigumiさんから品薄になっていた小物が再入荷&新作もすこし到着しております!

長い木皿は、「お茶とお菓子」を置いてトレイのように使ったり、油切れ・水はけのいい広葉樹を使っているので前菜を並べたり、おにぎりを並べたりと、トレイとしてもお皿としても用途が幅広く、人気です。
右上は、カンナで削り模様が入った豆皿。

おつまみ豆や、お菓子など、おさまりのよい深さのある、刳り抜き作品です。
(桜、栗、ウォールナット 各2,800円)

そしてこちらは新作!
人気の豆スプーンの、持ち手がロングなバージョン。
珈琲豆のために作られました。大体ドリップ豆粉1杯分になっています。深さのあるジャーに入った豆もこれですくえます♪
(2,000円)

定番のテーブルスプーン大小も少し入荷しました。
(桜、ウォールナット 大900円、小700円)
私も使っていますが、使い込むほどに味が出てきます。

そしてこちらも人気の寄木カッティングボード雫型。(2,800円)
ほかに無地(ヒノキ)の穴ナシなどいろいろなタイプがあります。
木のものは使っていくほどに味が出て愛着がわくので好きです。
ぜひ店頭でご覧ください~

そしてそして。

昨年大人気だった、みみずく工房さんの手づくり市木木綿のお雛様!!
こちらはミニミニサイズ。
このミニミニサイズは、土台がなんとクヌギのドングリなのです!!
土台の直径は2cmくらいかな〜 細かい作業!すごいです。
(1,500円)

こちらは幅にして各5cmくらいの中サイズ。(2,000円)

玄関には大サイズ(2,500円)をかざっています。
お雛様って、女子はいくつになってもちょっとテンションあがりますよね。素朴な風合いの鮮やかなストライプが綺麗な市木木綿のお雛様、色合いは数種類がありますのでぜひ店頭でご覧ください。
飾り出したのが遅くなってしまったのですが、大丈夫!
なぜならここ、熊野では旧暦の節句まで(今年は4月21日!)飾るのが一般的です。
それまで飾っていますので、ぜひご覧くださいね。



●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
Studio Tamaki 陶器&ささのうち農園みかんジュース&石本果樹園さんずぽんず などなど入荷のお知らせ

1月も、私たちが想像していたよりも多くのお客様に、足を運んでいただきました、ありがとうございます!(1月の営業日はあと1日あるけど)・・・その間にも、いろいろな入荷がありました、ご紹介します。
まずはStudio Tamaki。玉置りささんの陶製の土鍋や器、小物類がまたいろいろ新しいものが入荷しました。
上の写真は、ご飯土鍋です。丸型なので対流がおこりお米がふっくらおいしく炊けます。私はこれのもう少し平型をかれこれ2年くらい愛用しています。大きくてもちやすい蓋の取っ手もお気に入り。
左に写っている馬明窯さんの土鍋とともに(すみません、写真きれちゃってて)、近々オンラインショップにも掲載予定です。
(17,280yen)


洗練されたフォルムが美しい白いプレートや、ご飯茶碗も。
模様や色合いがりささんらしい、
普段のご飯の幸せが増すこと間違いなしの器たち。
下に写っているのはこれも人気の、家具工房kigumiさんの木皿です。
トレイとして、前菜を盛ったり、おにぎりを並べたりいろいろ楽しい木のお皿。
  

品薄ぎみだった、人気の箸置きロング&ショートも、定番パターンから新作パターンまでたくさん入りました。見ているだけで楽しい!(ロング 1,080yen、ショート 648yen)
  

食卓に飾りたくなる可愛さ。
  

上品なフォルムと取っ手のデザインのカップ。
でもこれがとっても持ちやすい!&軽い。
(4,104yen)
  

ささのうち農園さんからは毎年この時期恒例の、生絞り「みかんじゅうす」が今年も入荷!
甘いのにすっきりした飲み口でとても美味しく仕上がっています。
この季節、これを温めていただく「ホットみかん」もおいしいですよ〜
(1リットル 850yen)
  

そして〜こちらもこの季節恒例になってきました。幻の柑橘「さんず」でつくったポン酢「さんずぽんず」(写真左)。「さんず」は今はほとんど市場に出ていませんが、昔から熊野の海沿いのエリアでは、サンマ寿司をしめるのに使われていた、独特の芳香がある柑橘です。めはり寿司をこれにつけて食べるという風習もあったそう。
柚子ポンとの違いは、まろやかで、さわやかなミカン寄りの味と香り。これがまた鍋や湯豆腐にぴったり。あと、焼き魚にかけたり、はたまた焼肉にも合うよ!という情報も☆ 粋なラベルは、地元紀南高校生と一緒にデザインし、salt graphicさんが仕上げたコラボデザインです。お土産にもぴったり☆
ぜひお試しください〜 (300ml 680yen)
  

  
  

●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/
  
  


  

 
玉兎工房のガラス小物&m'affablyアロマ「熊野の香り」&boot leg 革小物 入荷情報です☆

ガラス作家の玉兎工房さんから、ちょっと品薄になっていたステンドグラスサンキャッチャーと、新作ピアスが入荷しました☆
  

今回の入荷ではこれまでになかった色の組み合わせもあって楽しいです。春を感じさせるピンク系とかもオススメ。窓辺に吊るして外の光を取り込んだり、天井のライトの近くに吊るすのも綺麗です!
   

こちらは玉兎工房さんの定番シリーズ、熊野のしずくピアス。お色は、朝霧の雫(水色)、海の雫(青)、暁の雫(オレンジ)の3色展開。雨の多い熊野。山では南国のようにコケやシダ植物に、いろんな背景を映し出した雫が滴っているのをよく見かけます。そんな熊野らしいイメージのピアス。
  

ぜひ店頭でご覧ください。(近々ネットショップでも掲載予定です。)
  

そして。m'affablyさんの「熊野の香り Re:aroma」シリーズのアロマオイル・アロマウォーター、品切れになっていたものなど、入荷しました☆ 
  


これは抽出場を見学に行ったときの写真です。熊野川森林組合とコラボで熊野の杉やヒノキ、その他さまざまな植物のオイル抽出を、こうして一滴一滴、丁寧に行っています。
Re:aroma ホームページ
「記憶とともに脳にインプットされる香りによって、
その記憶や体験がよみがえる」これってほんとですね
幼いころの記憶や、思いでの場所の記憶。それぞれにある。
「香りの返信」がネーミングの由来だそう。


袋入りと、木箱入りがあって、両方ともクロモジの小枝が簡易ディヒューザー用としてついています。この小枝に1滴たらしてハンカチなどにつつんでバッグに入れて持ち歩いたり、デスクに置いておいていつでも香ることができます。もちろん市販のディヒューザーや、小皿にお湯を入れてたらしたりも☆

Re:aroma アロマオイル
キャンドル
ディフューザーなどでアロマを楽しんだり、
付属のクロモジの枝にたらして香りといつも一緒にいられます。

  
●熊野杉(shibahara)杉木箱入り  5ml 2,600yen(クロモジ枝付)
            袋入り    5ml 2,200yen(クロモジ枝付)
●熊野ヒノキ(枝葉) ヒノキ箱入り 5ml 2,600yen(クロモジ枝付)
            袋入り    5ml 2,200yen(クロモジ枝付)
 ※ヒノキの枝葉は、木の香りとはまたちがう感じの香りです、
      ぜひ香ってみてください! 

●熊野杉・ヒノキセット 木箱入り  5ml×2本 4,800yen
  
 
Re:aroma アロマウォーター
カーテンやリネンのリフレッシュや消臭に。またおしぼりやハンカチに。

  
●熊野杉(shibahara)50ml 1,300yen
●熊野ヒノキ(枝葉) 50ml 1,300yen
●熊野ヒノキ     50ml 1,400yen

   
テスターを置いてますのでぜひ香ってみてください。
こちらはオンラインショップでも販売中です。(こちら



そしてそして。
熊野の革工房boot legさんから、品切れになっていたキーカバーが入荷しました。こちらスグレモノで、キーにかぶせるだけでオシャレだし、キーも持ちやすい(まわしやすい)というもの。1個300円。人気で割と早くなくなりぎみなので好きなお色はお早目に〜(^o^)
  

入荷情報でした!!
  
   

●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

  
LOG JAM新作小物&本藍染てぬぐいや冬服 etc 入荷情報と年末年始の営業のお知らせです。

すっかりブログの更新が滞ってしまってました。(1か月ぶり。。アワワ>゜))))彡)
その間にもうそこかしこで年末の空気感が漂っていますが、木花堂でも、今日、明日と年末最後の営業をしております。まずは年末年始の営業のお知らせです。
12月27日(土)・28日(日)・1月3日(土)・4日(日)OPEN
※元旦は祝日ですがお休みさせていただきます。
29日~2日はCLOSE。
よろしくお願いいたします。

さて新作や、品切れだった商品の入荷もまたまたいろいろありました☆
上の写真は、おなじみサーフボード工房LOG JAMさんの人気商品・八咫烏印のキーリング。新バリエーションも増え、見ているだけでも楽しい♪

(各2,700yen)
  
そしてこちらはLOG JAMさんの新作、CUBE DROP ストラップ!

太陽の精・導きの精として伝わる熊野三山の神様の使い「八咫烏(ヤタガラス)」は三本足のお烏さんです。お守りのような存在に、いかがですか?  

(左のふたつのは2,500yen、右のひとつのは1,500yen)
   
そして、本藍染工房そめやなないろ さんからも品薄になっていた、手ぬぐいやスカーフほかいろいろ入荷しました!

草木染スカーフは暗くなりがちな冬の刺し色にもすてき。(3,240yen)
  

柿渋染のストールブラウス(ストールにも、羽織にもなる2WAY)、ベスト、本藍染&刺し子のチュニックブラウスも。
  

品切れになっていた本藍染手ぬぐいヤタガラス印も入荷しました!
右側はこちらも常に人気の、オーガニックコットンの和紡布を使用した本藍染ミニタオル。
(両方とも、1,620yen)
本藍染は、藍が生きているので抗菌・防臭作用に優れ、我が家でも外仕事に台所にといたるところで大活躍しています。

熊野のカメラ女子グループ en finderさんのポストカードも新作が入荷してます。普通の観光ポストカードとは一味ちがった女性ならではの柔らかい光が注ぐ熊野をぜひご覧ください☆  


くまの名物めはりポスカ☆(右上)
  
先日のブログでも紹介しましたが、熊野在住の折形師範代 玉置享玲(たまきりつれい)先生の、1つ1つ手作りの祝箸も、残り少ないですがなんとかまだ少し在庫あります。新年を祝う1日に、いかがでしょうか♪  
     

玉置享玲 祝箸 380円
  
ほかにも入荷のものがあるのですが、続きは次回。。。
年始、熊野に帰省のかたもご家族でぜひ遊びにいらしてください♪
熊野土産にぴったりのグッズがそろっております。
  ***
日常はというと・・・
  

↑最近の須野の海。これは午前中の写真です。山に日が陰るのが早いので、海を見に来るなら早めがおすすめです。

薪ストーブがフル回転!
薪は主に裏山に落ちている雑木や、海からの流木を使用。
薪ストーブ暮らし1年目でストックがないので、頻繁に拾いに出かけてくれる主人と、山と海の恵みに感謝・感謝の日々です。
上にはいつもなにかのっています(笑
大家さんであり須野の区長である濱田さんのお母さん手作りの、干しイモ☆

   
12月27日(土)・28日(日)・1月3日(土)・4日(日)OPEN
※元旦は祝日ですがお休みさせていただきます。
29日~2日はCLOSE。
よろしくお願いいたします。
 





  
●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 
干しいたけ・ツタかご・本藍染&柿渋染・折形…入荷情報です♪

三連休は天候に恵まれ、熊野古道歩きに、どぶろく祭りに、といろいろなところから熊野に訪れたついでに木花堂にも多くのお客様に立ち寄っていただき、ありがとうございました☆
早いものでもう年末気分です。
年賀状…いやそのまえにクリスマスか…といっても個人的にはクリスマスという行事にあまり心躍るタイプではなく。行事はスルーなのですが、飾りは大好き。(笑 そのへんの山にたくさんあるツル植物のツタと、杉の葉っぱと、松ぼっくりでリースを作ってみました。かなりざっくり作りました(゜レ゜) でもクリスマスっぽくなったかな〜と満足しています☆ 
お正月に関しては、今年は念願の(?)「花餅」を作ってみたいです。
こういうやつ(↓)

(2011年の年末の奈良→伊勢・伊勢本街道ウォークで撮影。)

さてさて、今週もいろいろと入荷してまいりました♥

やきやまファームの干しいたけの量り売り再開です。
煮物などに使いやすい丸しいたけ(10g 140円)と、スープや炊き込みご飯にすぐに使えるスライスしいたけ(10g 110円)。
八鬼山の麓の天然水で育てられた椎茸、常備したいお品です。
  
そして入荷以来確実に人気の、須野のご近所さん・佐川さんが手づくりするツタかご!数が減ってましたが、またいろいろな形のものをつくってきてくれました。

こちらは置くこともでき、吊り下げることもできるタイプ。中サイズ。(1,500円)
  

窓辺に吊るすなど、屋内外のインテリアにどうぞ。
  

そしてなんと!!こんなツタかぼBAGまで。どんどん技術を上げる佐川さん。。。>゜))))彡 そのうち須野に、ツタかご工房ができるんじゃないだろうか☆ こちらは2000円。お花を入れて飾ってもかわいいし、買い物ECOバッグにもいいですね。
  

そしてそして。
前のお店でも置いていただいていた、新宮の折形師範代・玉置享玲(たまきりつれい)さんによる折形のご祝儀袋と祝箸も入荷しています。
「折形」 とは、贈り物などを包むための日本の礼儀作法で、手紙、金銭、香、花、食べ物、などいろいろなものを包むこと ができます。その種類は3000にも及ぶそう。一番なじみが深いのは、ボチ袋や、ご祝儀袋。今やコンビニに行けば売っているそれらの袋、もともと は、こうして和紙で丁寧に折って、先様を思いやる気持ちを込めることでした。

↑右側から、帯包、のしあわび包、渡し金包
・・・
初めて折形に出会ったとき、そのカタチが本当によく先様のことや、中身のことを考えられていて、これを考案した日本人すばらしい!♪と感動。玉置先生の講座にも参加したのですが、折形はそのときのココロの状態が、しっかり出ちゃいます。だからこそ、「形」ありきではなく、「心」を表す、「心」を包む作法、折形…少しでも日常に取り入れたいなぁと思っています。
玉置先生が「心」を込めたご祝儀袋と祝箸、ぜひ大切な人、大切な1日にいかがでしょうか。  
     

ご祝儀袋(檀紙)1,500円、祝箸 380円
   
さらに。
藍染工房そめやなないろさんからも小物やバッグが新たに入荷です。

本藍染や柿渋染のめがねケースや小銭入れ、etc。。。

この柿渋染バッグはA4バインダーや大きなカメラもざくっと入る、
柿渋は生地を補強し、水もはじくので雨の日にも活躍しそうなバッグです☆
中は明るい柿渋色でポケットもアリ。
(15,120円)
  

本藍染めのふんどしや・・・
  

本藍染ハンカチ ヤタガラス印も。こちらはそめやなないろさんと木花堂のオリジナルコラボ商品です。
  

秋色の草木染シルクスカーフも何色か入ってきました★
   

店舗移転につき減らしていた量り売り商品も、少しずつ復活していきます☆

ぜひ店頭でご覧ください〜。

お知らせです。

●木花堂ホームページアドレスが変わりました●
サーバー移転のため、以下のアドレスになりました。
ブックマーク登録などしていただいていた方は、お手数ですが変更をお願いします。
http://www.konohanado.net



木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohanado.net
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/



 
今年もこの季節♪柳谷の原種柚子&碇の自然栽培米、入荷しました!(数が少ないのでお早目に〜)

販売させていただいて、今年で3年目♪奥熊野の奥の里「柳谷」の原種柚子です!個人的にも、待ってました〜っ。
「原種柚子」とは、品種改良されていない柚子のこと。柳谷は昔から柚子がよく育つ土地でしたが、樹齢100年の古木が残っており、その木から接ぎ木して150本の苗を育てることに成功。柳谷の特産品にしよう!と、「柳谷ゆずくらぶ」をたちあげて、集落のみなさんで柚子を育てています。
今年は大幅な剪定があったため収穫量が少ないので、限定10kgの販売です。早い者勝ちですのでご了承ください(^−^)
詳しくは、オンラインショップのこちらのページをどうぞ。店頭では、量り売りをしています!
  
木花堂オンラインショップ
 奥熊野柳谷産 自然栽培の原種柚子 1kg当

   
そしてこちらも3年目。これまた奥の奥の里「碇」の松田さんが育てた、自然栽培米「碇の土のチカラ」。玄米、白米ともに入荷しています。昔の農サイクルでやっているので田植えは6月、収穫は10月末なので新米の入荷が今になるわけです。
  

  
私自身も、このお米を常食して3年目。ほんとうに美味しい、エネルギーがあるお米だと思います。
松田さんは、30年以上前から化学肥料をやめて有機栽培・減農薬でお米づくりをしてきましたが、76歳のとき農薬を完全にやめて自然農に切り替え、今年で5年目になります。


詳しくは、木花堂オンラインショップ
自然栽培米「碇の土のチカラ」のページをご覧ください。





  

2014年春に、田んぼのお手伝いに行ったときの写真。
松田さんの手と、田んぼの表面のトロトロ層
通常よりも、1ヶ所に植える稲の本数が少ないのが松田さん流。
収穫量は落ちるけれど、稲1本1本のチカラがはぐくまれるのだそう。
  

トロトロ層の下を泳ぐおたまじゃくし。
   

土鍋でふっくら炊いてもよし。圧力鍋でぷっくら炊いてもよし。
松田さんのお米、ぜひ、多くの方に味わっていただきたいです。

詳しくは、木花堂オンラインショップ
自然栽培米「碇の土のチカラ」のページをご覧ください。

  



   
木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/

 

 
en finder.さんのポストカードほか、品切れだったものたち入荷しています。

熊野を中心に活動しているカメラ女子グループ en finder.さんのポストカード、須野町での移転オープン以来置いていただいていますが、このたび、メンバーのKさんDIYの、特性ラックが縁側の一等地!(←私が勝手に「一等地」と思っている、好きな一角なのです。)におさまりました☆ 端材でつくったという、グループ名のプレートもキュート。
この縁側の角のところには小窓があり、玄関の外が見えるようになっています。
   

タテにポストカードを飾れる、場所を選ばないポストカードラック。Kさんの発想力&DIY力に脱帽。古民家との雰囲気も合ってるのでぜひ見にいらしてください。もちろん、ポストカードもどれもすてきです。女性ならではの表現力で、熊野がしっとり、かわいく、時には力強く表現されています。(各150yen)
   

那智勝浦町色川で、無農薬でお茶を栽培している「どこでもそら」さんの上ほうじ茶&和紅茶の袋入りが品切れになっていました。たくさん入荷しました!缶入りよりもお手頃なので、ご自宅用または詰め替え用にどうぞ!缶入りはラベルが可愛いのでこれもおすすめ。(袋入り 各600yen、缶入り 各880yen)
   

そして。尾鷲ヒノキの間伐材のものづくりをしている「えびすや」さんの、コースター(大、540yen)も品切れになっていたもの、入荷しております!いろいろなカタチがあります。尾鷲ヒノキは雨の多い地域で育つので、水に強いのでコースターにぴったりなんです。
  

そしてそして。御浜町のみかん農家・市川さんがつくる、無農薬小麦のうどん!細麺が品切れになっていましたが、こちらも入荷。ただし細麺は残り少ないとのことです。ふすまを3、4割残して製粉、製麺したうどんなので、通常のうどんよりも歯ごたえがしっかり、そばっぽい触感です。栄養も豊富で、腹持ちもいい、小麦の味わいが豊かなうどんです〜!(各500yen)
   

と、こんな感じでしばらく見られなかった商品もちょっとずつ入ってきておりますので、ぜひ店頭でください。
須野は海沿いなので雪や霜の心配はないのですが、冬は太陽が早く山に入ってしまうのと、築100年の古民家ということで、冬支度を急いでおります。ただいま、マサーヤンは薪ストーブ部屋となる予定の部屋の床貼り中・・・、私は湯たんぽに足を乗っけてのブログアップでした(^^)
これ、ほんとあったかい。トタンの湯たんぽは初めてだけど、これがあればホットカーペットなんていらないですね。ホームセンターで1000円くらいでした。(※低温やけどに注意!良い子は湯たんぽに布カバーをしましょう!)
  

そしてこれから、玄関でお茶を炒ります。
古民家は確かにすーすーと隙間風もあるし、密閉性の高い家より寒いと思います。でも、家の中で炭を扱えるのは、密閉性が低いから。遠赤外線でだいぶあったかい!石油ストーブも準備していますが、いろいろと工夫して、快適に古民家の冬を過ごせるように工夫していきたいです。
  
また今週末、各地からのお客様との出会いが楽しみです。



   
木花堂オンラインショップ
http://konohando.shop2.makeshop.jp/

木花堂 瀞ホテル支店(3県境)

https://www.facebook.com/dorohotel.jp
 
●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*●〜*
メイドイン熊野の衣食住&量り売り 木花堂
  http://www.konohana-do.com/
 ・・・メイドイン熊野を日常の暮らしに、お土産にも。
奥熊野発フリーペーパーKUMANO JOURNAL
  http://kumanojournal.jimdo.com/